OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



帳票OCRソフト FormOCR v.6.5

帳票OCRソフト FormOCR v.6.5

帳票OCRソフト「FormOCR」は病院・学校事務、人事給与管理、顧客管理、販売管理、生産管理、マーケティング、経理・会計業務など、幅広い業務・業種で利用されている定型帳票のデータ入力を効率的に実現するOCRソフトウェアです。
帳票に記入された手書き文字/活字文字をOCR処理し、CSV・TEXTデータへの出力を行ないます。出力された編集可能なデータは表計算ソフトをはじめ、様々な業務システムへ連携できます。

帳票OCRソフト FormOCR v.6.5 概要図


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」の主な特長

【POINT】 高精度手書き文字・活字文字認識エンジンを搭載!
業界最高水準の文字認識率を誇ります。OCR専門メーカーだからこそできる強力な文字認識技術で、 様々な帳票のデータ入力の効率化を実現します。 標準機能で漢字を含む、全文字種(英字・数字・カタカナ・記号・ひらがな・漢字)の認識が可能です。

【POINT】 Excel等で作成した帳票が認識可能!
OCR用の帳票はExcel等を利用して作成できます。OCR専用帳票と異なり、帳票レイアウトや内容の変更も容易に可能です。コピー用紙(普通紙)の利用ができますので、ランニングコストが低減できます。作成した帳票のフォーマット設定は、帳票をスキャンして、OCR読み取り領域と属性(読取り文字種・桁数など)を指定するだけで可能です。

【POINT】 既存帳票も利用可能!
独自の帳票識別技術により、黒枠で印刷された既存帳票にも柔軟に対応します。OCR用に新たな帳票作成をする必要がなく、短期間での導入を実現します。*帳票により認識精度が異なります。導入前の評価が必要です。

【POINT】 認識結果は簡単に確認・訂正が可能!
誰でも使えるわかりやすい操作とインターフェイスで特殊な専門知識が不要です。優れた操作性により、OCR処理に不可欠な確認・訂正作業の効率化を実現します。

【POINT】 活用範囲を拡げるソリューションを提供!
どんな課題にもお応えできるOCR技術力があります。豊富な実績と信頼の技術力で様々なOCRソリューションを提供します。

帳票OCRソフト FormOCR v.6.5 特長

帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」の文字認識技術

独自開発の高精度認識エンジンを搭載。OCR専門メーカーとして誇りをもって提供します。

「FormOCR v.6.5」は、記入枠に依存しない自由度の高い自由手書き文字認識が可能な文字認識エンジンを搭載。実用レベルまで到達させることが困難であった全文字種対応のフリーピッチ手書き文字認識を実現。これにより、OCRの業務の適用範囲が大幅に拡がります。

■手書き文字認識【UP】
標準機能で漢字を含め、全文字種の認識が可能です。

文字種:数字・英字・カタカナ・記号・ひらがな・漢字(JIS第1水準、第2水準454種)

カタカナの濁点、半濁点別枠読み取りに対応。従来の同一枠内の濁点、半濁点にも対応しているため、記入者にOCR用紙かどうかを意識させることなく記入していただけます。
 
 
 
■活字文字認識【UP】
印字や印刷された活字文字を高精度に認識します。

文字種:数字・英字・カタカナ・記号・ひらがな・漢字(JIS第1水準、第2水準)

マルチフォント(OCR-B/K・明朝体・ゴシック体・教科書体・IBM407フォント・12Fフォント)に対応。全角半角混在での高精度認識も実現。レシートや免許証などにみられる半角漢字・カタカナなどにも対応しています。

IBM407フォント・12Fフォント対応
 
免許証などに見られる半角漢字の認識
 
 
■自由手書き文字認識
文字枠の無いフリーピッチフィールドに記入された手書き文字(全文字種)を高精度に認識します。複数行にも対応していますので、自由度の高い帳票設計が可能です。

文字種:数字・英字・カタカナ・記号・ひらがな・漢字(JIS第1水準、第2水準454種)


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」の知識処理

■即時文字学習機能
活字・印字文字の特殊字体(フォント)や手書きの癖字など、文字をその場で登録(学習)させることで認識精度が向上します。
 
■知識処理機能
姓名辞書・郵便番号辞書(住所辞書)との照合を行うことで、認識精度が向上します。また、ユーザー特有の単語辞書(会計の摘要欄辞書など)やコード辞書(商品番号と商品名など)の作成も可能で、これらの辞書と単語照合を行うことで、さらに認識精度を向上させることができます。
 


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」のチェックマーク・バーコード認識

■チェックマーク認識
「レ」「×」「○」等の多種多様なマークに対応。また、オーバーライトチェックマークの認識にも対応していますので、帳票を新たに作成することなく、既存の答案用紙やアンケートなどの利用が可能です。
 
 
■バーコード・QRコード認識
低品質な画像や傾きのあるバーコードでも高精度に認識します。画像イメージ内のバーコードの位置を自動で検出することができます。

対応コード:JAN、ITF、CODE39、CODE128、NW-7、カスタマーバーコード(日本郵便)、QRコード(モデル2)
 


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」は低コスト導入可能

帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」は、帳票OCRシステムを簡単に構築できるパッケージソフトウェアです。ご利用に際して、専用のスキャナやOCR専用の用紙は不要です。汎用のスキャナーやコピー用紙(普通紙)でのご利用が可能です。また、帳票は、既存帳票やExcel等で作成した帳票の利用が可能です。

■市販のイメージスキャナ、複合機でOCR 処理を実現
TWAIN 規格のスキャナ・複合機での読み取りが可能ですので、用途・予算に応じたOCR システムの構築が可能です。
 
■既存帳票も利用可能
独自の帳票識別技術により、黒枠で印刷された既存帳票にも柔軟に対応します。OCR用に新たな帳票作成をする必要がなく、短期間での導入を実現します。* 帳票により認識精度が異なります。導入前の評価が必要です。

 
■Word/Excel 等で作成した帳票が認識可能
OCR用の帳票はExcel等を利用して作成できます。OCR専用帳票と異なり、帳票レイアウトや内容の変更も容易に可能です。コピー用紙(普通紙)の利用ができますので、ランニングコストが低減できます。作成した帳票のフォーマット設定は、帳票をスキャンして、OCR読み取り領域と属性(読取り文字種・桁数など)を指定するだけで可能です。
 
 
■業務システムとの連携が容易
認識結果の出力ファイル名を自由に指定できるリネーム機能を搭載。出力時のイメージファイル名やTEXTファイル名を独自にカスタマイズすることができるので、業務システムとの連携が容易に実現できます。
 


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」は簡単設定・操作

■誰でも簡単にフォーマット設定が可能
読取り領域(フィールド)設定は自動抽出機能で簡単に設定できます。フィールドの読取り文字種・桁数などの属性やテキスト出力順の指定、ゼロ詰、空白削除、編集文字付加等のテキスト出力の編集も容易です。
 
 
■誰にでも簡単に確認・修正作業が可能
帳票イメージの上に認識結果が同時に表示されますので、簡単に認識結果の訂正が可能です。読み取った帳票の検索も簡単に行えます。
 
 
■データチェック機能を搭載
帳票内の金額欄(合計チェック)や日付・時間が正しいか、あるいは必須項目に文字やマークが記入されているかなどの論理チェック(範囲・四則演算・マスターチェック等)が可能です。これにより、データ入力の精度向上や確認・訂正作業が飛躍的にスピードアップします。


帳票OCRソフト「FormOCR v.6.5」の価格

商品名 JANコード 販売価格
 FormOCR v.6.5 4946557027038 定価:600,000円 + 税
 FormOCR v.6.5 年間保守サービス 4946557027144 定価:60,000円 + 税
 FormOCR v.6.5 ServerOS 対応版 4946557027045 お問い合わせください
 FormOCR v.6.5 ServerOS対応版 年間保守サービス 4946557027151

※FormOCR v.6.5 は以下のオプションを用意しております。
オプション購入の場合は別途保守費用が必要となります。
【FormOCR v.6.5オプション】
・ドロップアウト認識オプション
・カラー分離認識オプション

※業務分析・企画提案からシステム設計・構築、導入・設置、運用・保守に至るまで、各種 支援サービスも別途用意しております。
※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。