OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > 商品情報 > 名刺ファイリング・サーバー v.5.0
名刺ファイリング・サーバー v.5.0

名刺ファイリング・サーバー v.5.0

「名刺ファイリング・サーバー」は、個人が管理している名刺を企業内のサーバーに登録し、名刺情報の共有・活用を目的としたソフトウェアです。セキュリティに守られた企業のサーバーで安全に名刺を管理することで、企業の財産である顧客情報を外部に持ち出すことなく活用することができます。

「名刺」は個人情報です。
個人が収集した名刺は、情報保護・活用の点からも、個人管理から、企業管理へ移行していく必要があります。しかし個人が収集した名刺情報を社員みずから使えるようにしなければせっかく収集した情報が台無しになります。個人情報と言える名刺を企業できちんと管理し、かつ個々の社員・または会社として活用することが求められています。「名刺ファイリング・サーバー」は、企業による名刺の一元管理を強力にサポートします。


名刺ファイリング・サーバー 特長


高精度認識により、スピーディなデータベース構築を実現

名刺情報のデータ化には、ロングセラー商品「やさしく名刺ファイリングPRO」を利用することで、 わずらわしい入力作業を最小限に抑え、どなたでも簡単に名刺情報のデータ登録が可能です。日常業務で日々集まる名刺のデータ化を自社で容易に実施することで、入力代行業者等へ作業委託することなく、低コストでスピーディーなデータベース構築が可能です。
また、オプション製品の「複合機連携プログラム」を利用することで、オフィス内にある複合機を使い、直接サーバーにあるデータベースへ名刺情報を登録できます。複合機でスキャンした名刺データはサーバー内で文字認識し、名刺情報がデータベースに自動登録されるため、クライアント端末に名刺データを残さない運用が可能となり、セキュアなシステム構築を実現可能です。

名刺登録

名刺情報を企業資産として一元管理

安全なサーバーで名刺を一元管理することで、名刺や名刺データの入った情報端末の紛失による情報漏洩の防止が図れます。登録された名刺データは、ユーザーごとに権限設定することが可能なため、個人単位で管理していた名刺情報を 「全社」「部」「課」レベルでの情報共有が実現できます。同時に、業務に応じた権限設定を行うことで、不要な情報開示の防止も図れます。

一元管理

名刺データはセキュリティで守られた環境で安全に運用

「名刺ファイリング・サーバー」は、Webサーバ(IIS)とDBサーバ(SQL)に分けて運用が可能なため、外部からの不正アクセスに対するセキュリティ強化が図れます。社外からスマートフォンや携帯電話でアクセスしたい時など、セキュリティを考慮した環境で安全に運用することができます。

セキュア環境

スマートフォン・携帯電話対応で営業効率アップ

サーバーに格納された名刺データは、インターネット経由で、スマートフォン・携帯電話などのモバイル端末からの検索・閲覧が可能です。名刺データをモバイル端末に残すことなく、安全に外出先での顧客情報の把握が可能です。スマートフォン・携帯電話などから、いつでもどこでもスピーディにお客様にコンタクトをとることが可能になり、営業効率アップを実現します。

Android端末 iPhone端末 携帯電話対応

企業の大切な資産である名刺情報の有効活用を実現

個人単位で管理していた名刺データを 「全社」「部」「課」レベルでの情報共有を実現し、顧客情報の有効活用が可能です。登録された名刺データは、「社名」「氏名」「住所」「役職」など様々な角度からスピーディな検索に加え、指定した社名の名刺を持っているユーザー(社員)を抽出し、一覧で表示することができます。各ユーザー(社員)が登録した名刺情報を確認することで、ユーザー(社員)と名刺情報(顧客)との相関(かかわり合い)を知ることができます。
また、蓄積された名刺データを利用し、展示会のお礼mailや年賀状リストの作成・新商品案内のDM発送など営業活動やマーケティング活動にも活用できます。

データ共有 相関検索