OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。




機能1:名刺の入力・認識

操作画面


入力仕様

対応デジタルカメラ 200万画素以上で接写可能な機種(400万画素以上を推奨)

※近距離から撮影し、文字が鮮明な画像が必要です。画像が暗いものや歪みのある原稿の場合、文字認識の精度が低下する場合があります。
対応スキャナ TWAIN規格ドライバで動作するスキャナ
キヤノン CanoScanシリーズ、MPシリーズ、DRシリーズ
エプソン GTシリーズ、PMシリーズ
ブラザー ADSシリーズ

スキャナメーカー専用インターフェース経由で動作するスキャナ
富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)シリーズ iX100/SV600/iX500S1500/S1300i/S1300/S1100/S510/S300

※保存された画像ファイルを取込、OCR処理することも可能です。


【入力】付属高速カラースキャナ

「専用スキャナ付」パッケージをご用意しておりますので、ご購入後すぐに名刺管理を始められます。

【入力】複合機・フラットベッドスキャナ

名刺を取り込む際に、ランダムに配置された名刺を自動で切り抜き、認識・登録できます。

【入力】ドキュメントスキャナ

市販のドキュメントスキャナを使うことで、大量の名刺を素早くスキャンすることが可能です。

【入力】デジカメ・カメラ付ケータイ

デジタルカメラなどで撮影した画像の歪み(水平、垂直がとれていない)を補正する機能搭載

【入力】ファイル取り込み

BMP・TIFF・JPEG・PNGの画像ファイル形式の読込が可能

【入力】キーボードから手入力

画像を読み込まずにレコード(登録情報)を新規作成する事が可能です。

【入力】CSVインポート

CSV形式、vCard形式、ContactXML形式、テキスト形式のデータをデータベース(表面情報のみ)へ取り込みます。

【入力】メール署名欄の自動登録

メールソフトで受信したメールの署名欄を、やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0へドラッグ&ドロップすることで、自動的に各フィールドへ項目を振り分けて登録させることができます。

【認識】文字認識・自動振り分け

日本語・英語(アメリカ・カナダ)・中国語(中国/香港/台湾)・韓国語の名刺管理が可能です。

【認識】ハガキ認識・管理

読み込んだハガキの中の差出人部分を自動で判別し、氏名や住所等をデータベース内のレコード情報へ自動登録します。

【認識】両面認識・両面管理

名刺の両面取り込み機能と裏面認識機能を搭載

【認識】法人辞書搭載

法人電話番号辞書は対象の企業が辞書に登録されていれば、認識結果が不十分な場合でも自動で電話番号から会社情報を補う機能です。