メディアドライブ製品を活用されて実際のビジネスに役立ているユーザー様をご紹介しております。



HOME > 導入事例 > 株式会社ソフトウェアパートナー様

導入事例:株式会社ソフトウェアパートナー様

株式会社ソフトウェアパートナー様では、アンテナハウス株式会社様が開発したスキャナ保存対応用管理システム「AH e-Doc Manager」を導入されています。「AH e-Doc Manager」には、当社帳票OCRソフトウェア「WinReader p.form」を採用いただいています。


システム概要

『AH e-Doc Manager』は、これまでの開発やJIIMA活動の研究の成果を盛り込んだ、電子帳簿保存法「スキャナ保存対応用管理システム」です。
基本的な構成は、「導入コンサルティング」「国税関係書類等の電子化文書取扱ガイドラインの導入」「帳票OCRソフトウェア」「電子署名モジュール」「イメージデータ管理システム」「タイムスタンプサービス」です。

スキャナ保存対応用管理システム

導入までの背景

WinReader p.Formは認識精度が高く、ユーザでも認識を行うためのパラメータ設定が簡単に行えるため、他のOCRソフトウェアと比べて手軽に扱えることが決め手となりました。

導入効果

本システムを利用することで、下記の課題に対応が可能となりました。

【課題①:無駄なランニングコスト】
見積書は客先への提出用原本を作成し、それを社内用にコピーを取って保管していた為、無駄なコピー代・紙代+保管場所の維持費がかかっていました。
導入効果:電子化によりコピー、原本の保存が不要となった為、コピー代・紙代、保管場所の維持費が不要となりました。


【課題②:総務一括保管による弊害】
保管資料は総務部にて一括保管していた為、担当者が閲覧しようとすると、総務部に依頼のうえ、確認となる為、担当者・総務双方に手間がかかっていた。また、総務不在時には、保管場所の特定に時間がかかるといった問題がありました。
導入効果:「AH e-Doc Manager」を用いた電子化により、複数部門から同時参照が可能となり、業務が効率化しました。また、管理部門の負担も削減されました。


【課題③:記録・証跡が残らない】
コピーにメモをする等、担当レベルでの対応は行っていましたが、厳密なルールが設けられていなかったため、いつ誰が処理を行ったのか?承認者は誰か?といった記録・証跡が残らないという問題がありました。
導入効果:「AH e-Doc Manager」を使用することにより、誰がいつ承認したかの記録・証跡が残る事により、承認状況・承認履歴が可視化され、承認漏れ、処理忘れを防止することができるようになりました。

導入法人プロフィール

株式会社ソフトウェアパートナー

東京都新宿区住吉町2-11 太田ビル
http://www.sp-inc.co.jp/company/com_over/
03-3359-2028(代表)