HOME > パッケージ商品:導入事例 > 株式会社ビリーフ 様

ユーザ導入事例: 株式会社ビリーフ 様

株式会社ビリーフ様は知的所有権が広く認知される以前よりキャラクター・ブランドライセンスビジネスに携わり、国内外のキャラクター・ブランドをトータルプロデュースすることによって、プロパティの価値、可能性を最大限に引き出しています。

15年以上にわたるライセンスビジネスでの経験を経て、確かな実績と信用を積み上げることにより生まれた企業理念と取引先の皆様と新たなビジネスの構築を目指している会社です。

株式会社 ビリーフ
ライセンス事業部
マネージャー 本橋 洋一 様
デザイナー 神崎 玲奈 様


導入までの背景

本橋:
過去に社長が自分の名刺を管理するために名刺管理ソフトを使用したことがありましたが、
現在ではパソコンの表計算ソフトで管理をしておりました。

導入前の課題

・近年各個人の名刺の枚数が増えてきたので、手入力では限界を感じていました。
・また各個人が名刺データを管理しているため、情報共有をすることができない状態でした。
・毎年の年賀状の宛名入力は、各営業からデータ・名刺を預かりデータ化をするため莫大な手間と時間がかかりました。

購入までの経緯

本橋:
名刺データを有効活用するために、クラウドサービスも含めて検討しましたが、
月額のランニングコストがかかるので、最終的にはコストを考慮し名刺管理パッケージソフトから、
一番わかりやすそうな「やさしく名刺ファイリング v.13.0 5L」を導入しました。


神崎:
年末の恒例行事「年賀状ソフト」へのデータ入力に「やさしく名刺ファイリング PRO」を活用しました。
取り急ぎ全ての名刺を取り込んだあとに「重複レコードの検索」機能で重複した名刺を整理でき簡単にデータベース化ができました。

認識率も良く、ほぼ問題なく名刺を認識できましたが、デザイナーのかなり凝った透明の名刺など一部は認識できませんでしたが、認識できなかった名刺は手入力で入力できました。




■やさしく名刺ファイリングPROとScanSnap iX500の使い勝手は?
神崎:
今回同時購入した「ScanSnap iX500」は、セッティングもスムーズに出来ました。
30枚同時にセットでき両面スキャンできるので、日常の業務中に、並行して作業ができました。
名刺フォルダ1冊をスキャンするのも1時間程度ででき、溜まっていた名刺も3日間で取り込む事ができました。


※ScanSnap iX500は、PFUの商標です。

導入後の効果

・全営業担当者の名刺をデータベース化に成功
・年賀状ソフトへのデータを簡単に入力
・名刺の認識精度が非常に高く、操作性も簡単で、ストレスなく使用

今後の展開

本橋:
取り急ぎすべての名刺を取り込めましたので、
今後は営業担当者毎にフォルダ別での管理と履歴機能を活用した運用を検討していきたいです。

機能アップの要望

神崎:
名刺に記載してある3つ目の住所情報も取り込めるようにしてほしい。

導入法人プロフィール

株式会社ビリーフ
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-2-2
代表電話 TEL:03-5775-7733
http://www.belief-inc.jp/