HOME > パッケージ商品:導入事例 > 株式会社プロスキャリア様
THE 名刺管理 導入事例:株式会社プロスキャリア様

THE 名刺管理 導入事例:株式会社プロスキャリア様

株式会社プロスキャリア様は、2016年4月にメディアドライブの「THE 名刺管理 Pro」を導入しました。「THE 名刺管理 Pro」導入の経緯と評価について、代表取締役 三嶽 義勝氏と人財開発部長の冨田 展正氏にお話を伺いました。 プロスキャリア様 ロゴマーク


神奈川県を中心に700名の人材を派遣する株式会社プロスキャリア

--プロスキャリアは、どのようなお仕事をされているのでしょうか。

プロスキャリアは、神奈川県を中心に700名以上の人材を常勤で派遣している今年で創業14年になる人材派遣の会社です。派遣先の90%以上が、自動車部品などの製造業で工場作業がメインです。現在は、大手企業を中心に70社とのお取引があります。
THE 名刺管理 導入事例 プロスキャリア 三嶽 代表取締役 三嶽 代表取締役
--プロスキャリアは、「THE 名刺管理 Pro」をどう活用しているのでしょうか。

営業情報の管理をするため、営業担当者を中心に約20名で利用しています。全員がタブレットを持ち歩いており、取引先の情報を見ながら電話をかけるといった使い方をしています。現在、3,000枚以上の名刺が登録されスマートフォンやタブレットで活用しています。

名刺管理の大手S社の導入を検討していた

--名刺管理ソフトを検討するきっかけについて教えてください。

営業情報を一括管理して活用しようというのがきっかけです。最初に手をつけたのはサイボウズのkintone®で営業情報の管理と派遣社員の管理をすることからでした。kintone®を採用した理由は、営業担当者が、稟議書や経費の前払いなどの処理を外出先からすることができるなど、当社の業務形態にカスタマイズして合わせることができるからです。一般のSFAやCRMでは、業務をシステムの方に合わせていかなければならないので、システムに振り回されてしまうと感じたからです。
THE 名刺管理 導入事例 プロスキャリア 冨田 人財開発部長 冨田 人財開発部長
次に名刺情報の管理をしようということになりました。これまでは、名刺の情報は、それぞれの営業担当者が、名刺をフォルダで持ち歩いたり、EVERNOTE®のようなフリーのアプリを使いスマートフォンに入れたりして管理していました。これは、名刺を机の引き出しに入れて管理しているのと同じで、名刺の情報が社内でまったく共有されていない状態でした。営業担当者が退職してしまうと会社の資産であるお客様の名刺が、どこにあるかわからないという危険性がありました。
--なぜ、メディアドライブの「THE 名刺管理 Pro」を最終的に選んだのでしょうか

名刺管理ソフトの検討を始めたところ、大手S社さんから名刺管理サービスの売り込みがありました。クラウドで名刺を管理することがいかに効率的か、名刺情報の共有化がどれだけ重要かということがわかりました。反面、直前に導入した営業管理システムと機能的に重なるところもあり導入に躊躇していました。ちょうど同じタイミングで、メディアドライブさんと弊社の子会社のソーシャルスパイスカンパニーの取り組みを知りました。

営業情報の活用と雇用の創出が結びつく

--株式会社ソーシャル・スパイス・カンパニーは、メディアドライブとどのような取り組みをされていたのでしょうか。

私どもの子会社のソーシャル・スパイス・カンパニーは、障害者雇用支援サービスを行っている企業で、もともとメディアドライブと障害者雇用支援事業に関して名刺で何かできないかと話していた経緯がありました。

「THE 名刺管理 Pro」の名刺の修正入力業務についてソーシャル・スパイス・カンパニーで作業ができないかという相談をしたところ、業務としてアウトソーシングして使っても良いというご提案をいただきました。

ご承知の通り、障害者雇用促進法において雇用する労働者の2%に相当する障害者を雇用することが義務付けられています。当社の場合、雇用保険の対象者を仮に700名で計算すると2%となる14名となり当社の正社員の半数以上になります。私どものような少人数の人材派遣の会社にとって、雇用保険の対象者の2%という数字は非常に重いものなのです。

THE 名刺管理 導入事例 プロスキャリア様 概要図

メディアドライブ柔軟な提案力

--最終的に「THE 名刺管理 Pro」を選んだ決め手は何でしょうか。

最終的に「THE 名刺管理 Pro」を選んだ理由は、メディアドライブが障害者支援事業とシンプルな名刺管理をうまく結びつけた柔軟な提案をしてくれたことです。通常は、名刺の修正入力業務は、メディアドライブが有償で提供しているサービスなので本来なら自社の利益に繋がらない提案です。しかし、ソーシャル・スパイス・カンパニーが業務として請け負う事ができるのは、私どもの隠れた課題を解決する非常に柔軟な提案でした。

営業の機動力の向上と見えなかった営業の課題

「THE 名刺管理 Pro」導入後の効果につて教えてください。

導入効果1.機動力の向上
一番大きいのは、外出先から大量にある名刺に簡単にアクセスできること。名刺フォルダの持ち歩きやEVERNOTE®に比べると、とにかく便利になったと思います。

導入効果2.訪問前の名刺確認
訪問する前に必ずお客様のお名前を確認するのに使っています。最近、お客様のお名前と顔が一致しないことが増えてきました。何度もお会いしているお客様なら良いのですが、あまりお会いすることのないお客様の場合は、必ず訪問前に確認しています。

導入効果3.深耕営業の強化
これまで見えなかった営業の課題がわかったことです。営業が持っているお客様の名刺データをエクスポートし会社ごとにデータ分析してみたとろ開拓できていない部署や訪問できていない部署がわかったのです。例えば、ある工場は今人手不足のはずだけど知っている人はいないのかとか、ここの事業所は開拓できていないけど紹介してもらえそうな人はいないのかとかといった戦略が見えてきたのです。営業に聞いてみると「名刺をもらった時は、課長さんだったけど今は部長になっていますよ」「このあいだ、子会社に移動しました」といった情報が出てきます。「だったら、挨拶に行こうよ」という話が出る。名刺全体を見渡すことで営業の深堀と横展開ができるツールに使えるのではないかと思っています。

THE 名刺管理 導入事例 プロスキャリア様 インタビューシーン

名刺管理と雇用創出は、すべての会社の課題解決に

--今後の計画について教えてください。

名刺の修正入力業務については、メディアドライブさんでも今後、横展開をされていかれると思いますが、我々も、この仕組みをプロスキャリアだけではなく派遣先にもBPOとして販売していけたらと考えています。同時に我々の取り組みも多くの会社の課題解決の一助になればと考えています。

※BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)とは、自社業務の一部を外部の専門的な企業に委託すること。
THE 名刺管理 導入事例 ソーシャル・スパイス・カンパニー 児玉 代表取締役ソーシャル・スパイス・カンパニー
児玉 代表取締役
--メディアドライブに今後期待すること。

名刺管理のサービスだけでなく、雇用の問題を一緒に提案してくれたのは、メディアドライブさんが初めてでした。メディアドライブさんには、引き続きエンドユーザーに近い距離感で柔軟な提案してくれることを希望しています。

THE 名刺管理 導入事例 プロスキャリア様

左から プロスキャリア 冨田様、メディアドライブ 高橋、プロスキャリア 三嶽様



冨田様、三嶽様、児玉様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。


導入法人プロフィール

株式会社プロスキャリア様
〒242-0017 神奈川県大和市大和東3-3-15 プロスビル2F
http://proscareer.co.jp/
プロスキャリア様 ロゴマーク
株式会社ソーシャル・スパイス・カンパニー様
〒210-0806 神奈川県川崎市川崎区中島2-18-13 シルバーマンション1F
http://social-spice.jp/
ソーシャル・スパイス・カンパニー様 ロゴマーク

注釈

※この事例の内容は2016年10月に実施した取材内容に基いて作成しています。
※kintoneは、サイボウズ株式会社の登録商標または商標です。
※EVERNOTEは、Evernote Corporation の登録商標または商標です。
※その他、記載された会社名、製品名、サービス名等は各社の登録商標または商標です。