メディアドライブ

ソリューションフェア2019

最新AI技術とOCRの融合



ご来場ありがとうございました。

入場無料 2019/2/19(火)東京銀座

メディアドライブソリューションフェア 2019 ご来場ありがとうございました。

2月19日に開催されました「メディアドライブソリューションフェア 2019 」におきましては、多くのお客様にご来場いただきましたこと、心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
皆様からいただいた貴重なご意見を参考に、期待にお応えできるよう今後も尽力して参りたいと存じます。展示会場でご紹介させていただきました内容につきまして、詳しいご説明等御必要でしたらば、弊社担当営業より、ご説明させていただきますのでご連絡頂ければ幸いです。

開催概要

日時:2019年2月19日(火)  11:00 ~ 17:30
終了いたしました。

場所:
JJK会館(全国情報サービス産業企業年金基金)
〒104-8419 東京都中央区築地4-1-14
・東京メトロ日比谷線『東銀座』6番出口(徒歩3分)
・都営浅草線『東銀座』6番出口(徒歩3分)
・都営大江戸線『築地市場駅』A3出口(徒歩5分)

参加費:無料
主催:株式会社エヌジェーケー


セミナー

JJK会館 7階 会議室



セミナー・セクション01

メディアドライブの最新技術動向

13:00 ~ 13:20

当社のコア技術である「文字認識」と「ドキュメント画像理解」の最新技術動向と弊社新商品についてトピックスをご紹介します。

株式会社エヌジェーケー 取締役
メディアドライブ事業部 事業部長 清野 和司



セミナー・セクション02

THE 名刺管理 BusinessとLBCによる超名寄せ機能の連携

13:30 ~ 14:00

企業の情報資産である“名刺データ”のより機動的な活用を実現するデータクレンジングサービスについてご紹介します。
LBC(Linkage Business Code):株式会社ランドスケイプ社が保有する日本最大級の法人マスターデータ

株式会社ランドスケイプ 取締役
CMO 営業本部長 池田 隆史 氏



セミナー・セクション03

手書帳票OCRを活用したスキャナ保存ハイブリッドシステム

14:10 ~ 14:40

「FormOCR」とe-文書法対応ソフトウェア「ScanSave」の組合せによる“スキャナ保存ハイブリッドシステム”をご採用いただいた「大手青果卸様」の事例をご紹介します。

アンテナハウス株式会社 取締役
e-ドキュメントソリューショングループ リーダー
JIIMA上級文書情報管理士 益田 康夫 氏



セミナー・セクション04

RPA導入を加速する業務適正診断サービス「SML Brown」

14:50 ~ 15:20

RPAの対象業務選定に課題を抱えるお客様へ、パソコンの操作ログを分析しルーチン業務を定量的に検出する最新手法を事例を含めご紹介します。

キヤノン電子株式会社
情報システム研究所 情報セキュリティ研究所
部長 四柳 敬志 氏



セミナー・セクション05

OCRと連携した業務自動化ソリューションのご紹介

15:30 ~ 16:00

~RPAソリューション「WinActor」とOCRの組合せで業務自動化を更に拡大~
WinActor等のRPAツールで業務自動化を実現、或いは検討されているお客様に対しOCR活用による効果とRPAツールとの連携ポイントについて事例を交えてご説明致します。

株式会社エヌジェーケー
情報機器ネットワーク事業部 奈良岡 理一郎


展示・デモ

11:00 ~ 17:30 JJK会館 2階 多目的ホール


名刺管理ソリューションとして、クラウド型のTHE 名刺管理 Business、オンプレミス型のTHE 名刺管理 On-premiseの展示を行います。


最新AIと従来のOCR技術のハイブリッドエンジンを使い、高い認識精度を実現。クラウド対応型OCRシステムをご紹介いたします。


バリエーションが多彩で読み取りが困難な対象(図面など)に対して、AIにより帳票定義をすることなく高精度な読み取りを実現します。


領収書の電子(スキャナ)保存による領収書管理のシステム構築を領収書の構造解析により、販売日、住所、年月日などの自動タグ付けを実現。


スマートフォンを利用し、窓口業務などで発生する本人確認を効率化するための本人確認を効率化するための本人確認OCRをデモ展示。


教育現場ソリューションは、入学願書、答案採点、各種アンケートにOCRを導入することにより、教育現場の業務効率化を図るデモを展示します。


簡単BIツール「DataNature」は、企業データの「見える化」、そして「分かる化」へと、BIの成果をPDCAサイクルにご活用いただけるBIツールです。


クラウド型IVR「CyzoPHONE」は、クラウド環境の利点を最大限にいかした費用対効果の高いIVR(自動音声応答)サービスをご紹介。


「WinActor」は、Excel、ブラウザ、業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作を学習し、PC操作の自動化を実現します。


文書比較ソリューションは、印刷された契約書やマニュアルなどをOCRし、別の文書と比較・差分抽出します。電子的に比較を行うことで、目視作業よりも、作業時間の短縮が見込めます。


手書帳票OCRを活用したスキャナ保存ハイブリッドシステムのご紹介


RPA導入を加速する業務適正診断サービスのご紹介


THE 名刺管理 BusinessとLBCによる名寄せ機能のご紹介


タブレット・スマートフォンを利用した、多言語映像通訳サービスのご紹介


お問い合わせ

株式会社エヌジェーケー
メディアドライブ事業部 フェア事務局 須藤
電話 03-5542-8230