オンラインでの名刺交換が始まっています。

テレワークやWEB会議といったオンラインでの新しい働き方が増加する一方、直接会って名刺を交換する頻度が減少しています。
しかし名刺情報は企業間でコミュニケーションを続けるために非常に重要。

自分の名刺の画像データを用意しておきWEB会議システムやメールなどで交換するだけで名刺交換の代替になりますが、デジタルの名刺画像を管理するには、名刺管理サービスがあると名刺情報の検索性や顧客管理への二次利用など、多くのメリットをもたらします。

今すぐオンライン名刺交換+名刺管理を始めませんか。

オンライン名刺交換の必要性

商談前にオンラインで名刺交換しておけば、お客様の正しい部署名や肩書がわかります。どの人をキーマンとして会話をすればよいかが把握でき、スムーズに商談が進められます。
また、名刺管理システムでデータを共有することにより、社内につながりがある部署があるのかどうかもすぐにわかります。
紙でもオンラインでも名刺は非常に重要なビジネスツールなのです。

名刺交換

名刺の受け渡し概要

お客様から名刺の画像データをいただければ、名刺管理システムですぐに登録してデータの共有が可能になります。
ファイルの受け渡しはWEB会議システム経由であるZoomのチャット機能、LiveOnのファイル送信機能、またメールから可能です。

名刺の受け渡し例

名刺管理サービスご案内

NTTデータNJKが法人向けにご用意している名刺管理サービスは、①クラウドサービス と ②オンプレミス版の2つがあります。
両サービス共に複合機でスキャンをしていただいた名刺の画像ファイルを受け取り後に登録する機能を保有しています。

<クラウドサービス>THE 名刺管理 Business

紙の名刺を電子化し名刺情報をデジタルで管理出来る、名刺管理クラウドサービスです。
紙の名刺は、スキャナ機器やスマホカメラを使って画像化し、サービスに登録すると、テキストデータに変換します。
オンラインで交換した名刺画像ファイルは専用登録ツールから登録が可能で、登録後は社内のみなさんで共有可能です。

THE 名刺管理 Businessで管理

<オンプレミス版>THE 名刺管理 On-premise

外部との接続が許可されない環境でのご利用も可能な名刺管理システムオンプレミス版です。
紙の名刺は、スキャナ機器や当社のやさしく名刺ファイリングソフト等から画像化し、サービスに登録すると、テキストデータに変換します。
オンラインで交換した名刺画像ファイルは、サーバ上にある指定したフォルダに保存するだけで登録完了。登録後は社内のみなさんで共有可能です。

堅牢性の高い「オンプレミス版」
お問い合わせはこちら

製品のご紹介

  • THE 名刺管理 Business
  • THE 名刺管理 On-premise