OCRソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



文書管理とは?そのメリットとは?

文書管理とは、PCで作成されたオフィスファイルと、デジタル化した紙の書類を一元管理し、必要な情報を素早く検索できるシステムを言います。紙の書類をPCに取り込むことで保管スペースのコストを削減できるだけでなく、書類の内容によって指定のフォルダに自動分類し、キーワードで素早く全文検索できるメリットがあります。

【メリット1】書類の縮小表示で見つけやすい
スキャンした紙書類だけでなくWord、Excel、PowerPoint、PDFなどの文書ファイルもサムネイル表示します。
実際にファイルを開いた画面を縮小してアイコン表示するため、ファイルを開かなくてもおおよそのファイルの内容を確認することができます。
文書管理ソフト:DocDesk

【メリット2】書類の自動分類でフォルダ分け
業務で使用する文章や帳票、新聞や雑誌の切り抜き・スナップ写真・メモなど、紙情報をイメージスキャナを使って「DocDesk」に取り込めば指定のフォルダに自動分類し、情報に素早くアクセスできます。
文書管理ソフト:DocDesk

【メリット3】キーワードで全文検索可能
スキャナから取り込んだ文書や帳票を、全文検索可能なPDFファイルで保存します。ここで作られる「透明テキスト付きPDF」は見た目は元原稿の画像ですが、OCR(文字認識処理)が施され、テキスト情報が埋め込まれています。
たとえば新聞の切り抜きをたくさん「透明テキスト付きPDF」で「DocDesk」に保存すると、その新聞に書かれている内容の文章をキーワードに検索することができるのです。
(「日経平均」で検索すると、日経平均という言葉が使用されている記事の新聞を検索してくるというものです。)
文書管理ソフト:DocDesk