OCRソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



自動処理対応文書管理ソフトウェア:DocDesk RPA

機能

【自動処理】直接PDFに変換

スキャンした原稿をOCR処理し直接PDFにしファイル名を付けて保存するところまで自動処理します。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk PDF作成

マルチページTIFF対応

複合機で複数枚の書類をスキャンした際に1ファイルで管理できる「マルチページTIFF」をそのまま管理可能、複数ページのPDFへ変換することも可能。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk マルチTIFF対応

【自動処理】フォルダ管理・リネーム

フォルダに見分けやすい色を設定したり、フォルダにコピー/移動した文書のタイトル名を自動で変更することができます。
フォルダにドラッグ&ドロップすると、フォルダ名+日付にするなど自由に設定可能
※1フォルダに最大2,000ファイル(ページ)分まで登録可能です。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk リネーム機能

パスワード設定による暗号化機能

Officeファイルと違い、パスワード設定できない「画像ファイル」にも閲覧パスワード設定が可能。パスワード所有者のみファイルの閲覧が可能です。社外秘や個人情報などの保護が容易です。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk 暗号化機能

ネットワークファイル共有対応

ネットワーク上のフォルダを管理できるため、複数のPCでデータを共有できます。共有サーバーのフォルダを登録することで、複数PCでファイルを共有することが可能。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk ネットワーク対応

Officeファイル管理・サムネイル表示対応

Office文書ファイルと、スキャンした紙文書ファイルを一元管理可能。印刷・記入・押印された帳票をスキャンしたPDFファイルと、その帳票の元となるExcelファイルを一緒に保存するといったことが可能。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk OFFICE対応

スタック機能・複数ページPDF作成

複数の画像ファイルを重ねて表示し、グループ化してまとめることができます。またスタックした複数ファイルを複数ページ・1ファイルのPDF/マルチページTIFFに変換できます。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk スタック機能

PDF/Officeファイル変換

画像データをアイコンにドラッグ&ドロップすることで、Word/Excel/PDFファイルに変換可能。画像ファイルはOCR処理され全文検索可能なPDFに変換できます。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk Word・Excel・PDF変換

クイックプロパティ機能

管理しているファイルにマウスカーソルを乗せるだけで、書類の文字情報が表示されます。サムネイルで判別できない「表題」や「見出し」「日付」など、ファイルを開くこと無く確認できます。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk クイックプロパティ

専用ファイルビューワーアプリ「DocMobile for iOS/Android」連携

スマートフォンにインストールした専用ファイルビューワーアプリ「DocMobile for iOS/Android」(無料)にWi-Fi経由で直接ファイルを転送します。転送用のiTunesやUSBケーブル無しで、素早くファイルを持ち出せます。
自動処理対応文書管理ソフト DocDesk DocMobile連携

その他機能

・スキャン画像の自動OCR、PDF変換
・デジタルカメラからの取り込み
・フォルダ監視機能による自動取り込み
・スタック(複数の画像データを1つのまとめる)機能
・拡張子/ファイルの種類/文書の意味によるファイル分類表示
・画像編集機能(回転/トリミング/黒塗りつぶし/白塗りつぶし)
・アノテーション(注釈)機能(メモ/単語登録/日付/マーカー/塗りつぶし/スタンプ)
・文書内容(日本語)からキーワード検索
・あいまい検索/最近使用したファイル、一定期間使用していないファイルの検索
・シングル/マルチページTIFF変換機能
・登録データのエクスポート機能
・印刷/FAX、メール添付送信
・バックアップ/復元