HOME > 商品情報 > DocDesk > 特長
DocDesk

DocDesk の特長

見やすい操作画面で、文書管理を強力にサポートします。

DocDesk の操作画面イメージ

紙文書も電子文書もまとめて管理、業務の効率化が可能

既にデータ化されているOffice文書ファイル(WordやExcel、PowerPoint等)やPDFファイルと紙文書をまとめて管理することができる文書管理ソフトウェアです。

DocDesk でOfiice文書をまとめて管理

複合機やファクシミリからダイレクトに登録

紙文書の取込は、「フォルダ監視機能」を使用することで複合機やファクシミリからの取込を容易とし、高精度な活字文書OCRエンジンを使用して透明テキスト付きPDFファイルに自動変換することも可能です。
リネーム機能を使用すれば、文書の取込時にあらかじめ指定したタイトル名に変更も可能です。
すでにパソコン内に保存されているWordやExcel等のOffice文書ファイルがある場合も、インポートすることでまとめて管理が可能となります。
※監視できるフォルダは一つです。

DocDesk 複合機からダイレクト取込み

自動分類ソフトウェア「DocDesk Sorter」を搭載

自動分類ソフトウェア「DocDesk Sorter」は、企業内に存在する多種多様な文書や帳票を取込む際に、あらかじめ、登録された帳票のレイアウト(罫線)情報や文字(OCR結果)情報、バーコード/QRコード情報を元に、指定フォルダへ自動で文書を振り分けることが可能です。
「DocDesk Sorter」は、効率的な分類・仕分けを実現します。
※振り分け設定数は最大100件です。

DocDesk 自動分類機能で文書の自動振分を実現

ネットワーク先フォルダの管理に対応

ネットワークサーバー上の共有フォルダをDocDesk内に登録することができます。企業内の情報をまとめて管理し、情報の共有化が実現できます。
※Windows ネットワーク環境でローカルネットワークエリアのみ対応です。ネットワーク上の運用(同時接続数)については、各OSの使用許諾にある範囲内でご利用ください。

DocDesk ネットワーク対応

豊富な検索機能

ファイル名や日付で検索するだけでなく、文書内容をキーワードに検索(全文検索)する機能を搭載しておりますので、文書内容の記憶から目的の文書を探し出すことができます。全文検索は、OCR処理された画像、Word/Excel/PowerPoint/PDF/一太郎/テキストファイルが対象となります。

DocDesk の豊富な検索機能

アノテーション機能

文書上にメモやマーカーを追加したり、重要・至急の資料にはスタンプなどを追加することが可能です。強調しておきたい箇所や関連したメモなどを貼り付けておきますと、サムネイル画像で注釈の存在が確認できますので、目的のデータも簡単に探し出すことができます。

DocDesk アノテーション機能

暗号化機能

DocDeskに登録したデータは、パスワードを付けて暗号化することができます(PDF用パスワードも設定可能です)。暗号化されたデータは、正しいパスワードを入力しない限り、開くことができません。大切なデータのセキュリティが万全になります。

DocDesk 暗号化機能

タイムスタンプ

アマノ社製 タイムスタンプ付与ツール「e-timing EVIDENCE 3161 for PDF Auto」との連携により、PDFファイルへのタイムスタンプの付与が可能です。

DocDesk タイムスタンプ

データの活用(アプリケーション連携)

(1) DocDesk内からメールやファクシミリ、スマートフォン/タブレット端末などへ転送して活用することができます。
(2) スマートフォン/タブレットへは、付属の「DocMobile Transfer v.2.0」と組み合わせて使うことで、iPhone/Androidアプリケーション(DocMobile※)へWiFi経由でダイレクトに転送することができます。
※「DocMobile」(無償)はApple App Store、Google Playにて最新版をダウンロードしてください。最新版では転送したデータをフォルダ別に分けて管理することができます。
(3) 転送する前に画像データをWord(*.docx)やExcel(*.xlsx)ファイルおよび透明テキスト付きPDFファイルへの変換も可能です。


DocDesk スマートフォン・タブレット連携

その他の機能

富士ゼロックス社のDocuWorks文書ファイルを画像化してサムネイル表示することができます。
※DocuWorks 6.0以降がインストールされている環境が必要です。DocuWorks文書は画像タイプのみ変換可能です。

| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ