OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



e.Document Sorter

動作環境・仕様

仕様

■入力関連
読み込み画像形式 BMP、 TIFF/マルチページTIFF(非圧縮、G3/G4圧縮)、 JPEG、PDF
※画像サイズは最大A3、解像度は200~600dpi、カラーに対応
※縦横の解像度が異なる画像、および、モデル設定プログラムでのPDFは対応外
画像回転 90度/180度/270度/用紙方向自動判別機能
傾き補正 自動傾き補正(最大±10度)

■出力画像形式(形式変換)
BMP
TIFF シングル/マルチページTIFF対応
非圧縮、G3/G4圧縮から保存形式を選択可能
JPEG 圧縮率を設定可能
PDF 透明テキスト付きPDFへの変換可能(OCR言語は自動、日本語、英語、日英混在から選択)、正立補正の選択可能
※PDF出力は並列化に非対応

■振り分けサービス
監視フォルダ数 最大8フォルダ
ページ分割 マルチページが入力された場合の処理
・1ページ毎に分割して出力
・登録モデルの前でファイル分割して出力
・1ページ目のみ識別し、マルチページのまま出力
登録モデル数 1監視フォルダあたり100モデル
出力ファイル名の変更 以下の情報を使った出力ファイル名称の変更が可能
認識結果、帳票名、取り込み日時、入力ファイル名、拡張子
後処理 任意のプログラムを振り分け後に起動可能

■活字認識
認識対象言語 日本語/英語
【日本語認識部】
認識対象文字種 漢字(JIS第1水準、第2水準420文字)、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字、記号等 3700種
認識書体 明朝体、ゴシック体、教科書体等マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm角程度(5~45ポイント程度)※5ポイントは600dpiスキャン時のみ
推奨文字サイズ
200dpi:5~7mm、14~20 ポイント
300dpi:3.5~5mm、10~14 ポイント
400dpi:3~4mm、9~11 ポイント
600dpi:2~3mm、6~9ポイント
文書形式 縦書き・横書き自動判別、文字サイズ混在文書対応
【英語認識部】
認識対象文字種 アルファベット、数字、記号
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm角程度(5※~45ポイント程度)※600dpi画像のみ
文書形式 文字サイズ混在文書対応

■バーコード認識
認識可能なバーコードの種類 JAN、ITF、CODE39、CODE128、NW-7
コード幅 150mm以下
コード高さ 8.0mm以上
細バー(細スペース)*1 サイズ 2画素以上、FAX 画像の場合は3画素以上
2画素は0.25mm(200dpi)/0.17mm(300dpi)/0.125mm(400dpi)/
0.08mm(600dpi)、3画素は0.375mm(200dpi)/0.25mm(300dpi)/
0.187mm(400dpi)/0.125mm(600dpi)
*1 バーコードを構成する一番細い線またはスペース
余白 3mm×[倍率]以上
画像の傾き ±3度以内
画像サイズ A3以下
その他 バーコードの色は黒色(背景は白色)を推奨
300dpi以上を推奨
※ベアラバーありのバーコードには対応しておりません。

■QRコード認識
モデル モデル2のみ
※モデル1、マイクロQRコードは非対応
バージョン 1~40
※分割表現されたQRコードの連結機能には非対応
モード 数字、英数字、8ビット、漢字、混在
※拡張チャネル、連接、FNC1は非対応
誤り訂正 L,M,Q,H
セル*1サイズ 5×5画素以上、位置検出パターンの■は15×15画素以上
*1 QRコードを構成する最小の■または□の単位
余白 上下左右に4セル以上必要
その他 400dpi以上を推奨
※画像内で指定可能なQRコードは1つのみとなります。

■罫線識別
認識罫線 5mm以上
振分け精度 ・L字またはクロスした部分を使用しているため、直線のみの表は抽出できません。
・斜め線は罫線として抽出しません。
・点線を罫線として抽出します。線識別では点線として抽出、点識別では点線と実線は区別しません。
・丸い角の表も抽出します。
・原稿サイズの縦横比で20%を超えると不一致、特徴矩形の縦横比が40%を超えると不一致とします。


動作環境

対応OS Windows 10 Education / Enterprise / Pro / Home
Windows 8.1 / Windows 8.1 Enterprise / Pro / with Bing
Windows 8 / Windows 8 Enterprise / Pro
Windows 7 Enterprise / Ultimate / Professional / Home Premium / Starter
※各日本語版に対応
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7のXPモード、Macintosh、Windows RTは対応外です。
対応OS
(Server版)
Windows 10 Education / Enterprise / Pro / Home
Windows 8.1 / Windows 8.1 Enterprise / Pro / with Bing
Windows 8 / Windows 8 Enterprise / Pro
Windows 7 Enterprise / Ultimate / Professional / Home Premium / Starter
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise(SP1以降)
Windows Server 2008 Standard / Enterprise
※各日本語版に対応
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7のXPモード、Macintosh、Windows RTは対応外です。
対応機種 上記OSが正常に動作する機種
動作メモリ 512MB以上(Windows 7/Windows Vistaの場合は1GB以上)
推奨1GB以上(Windows 7/Windows Vistaの場合は2GB以上)
※上記容量に加え並列化数×140MBのメモリが必要となります。
必要ハードディスク容量 約70MB以上(e.Document Sorter)
※上記容量に 加えて入力画像ページ数×25MB(A4/カラー/300dpi時)×並列化数の空き容量が必要です。
以下のフォルダに作業ファイルが作成され、ご使用のパソコンによってはCドライブ以外に作成される場合があります。
例:C:\Users\Public\AdsService\Work(Windows Vista以降のOS)
例:C:\Document and Settings\All user\AdsService\Work(Windows XP)
約80MB以上(e.Document Sorter モデル設定プログラム)
その他 アクティベーションを行うためにインターネット接続環境が必要です。
※インターネットに接続できない場合、インターネットに接続可能な別のパソコンを使って代理認証させることができます。


対応仮想化環境について(ServerOS対応版のみ)

■対応仮想化環境について(ServerOS対応版のみ)
対応製品 VMware vSphere Hypervisor(ESXi) 6.0,5.5,5.1

[ゲストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise(SP1以降)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SP2以降)

Hyper-V 3.1
[ホストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise(SP1以降)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SP2以降)

Hyper-V 3.0
[ホストOS]
Windows Server 2012 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise(SP1以降)
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(SP2以降)