HOME > 商品情報 > 活字OCRソフト「e.Typist v.15.0」 > 体験版の注意事項

e.Typist v.15.0 体験版

体験版の注意事項

このたびは、「e.Typist v.15.0 体験版」をご利用いただきましてまことにありがとうございました。このページには体験版の注意事項が記載されておりますので必ずお読み下さい。
     
◆インストールの注意
Acrobat(Reader)のインストールについて(重要)
※電子マニュアルをご利用いただくには、アドビシステムズ社のAdobe Readerがあらかじめインストールされている必要があります。Adobe Readerがインストールされてない場合はこちらよりダウンロードいただき、インストールの上、本体験版をご利用ください。
     
体験版での日数制限
  本体験版の使用期限はインストール後5日間となっています(インストール完了後に体験版は自動起動されます)。それ以降は再度インストールしても動作しませんのでご留意ください。
     
商品版からの機能制限について
  本体験版では商品版より下記の機能が制限されています。
  1. 画像を右クリックメニューから開く機能
  2. ワンクリックPDF作成機能
  3. ScanSnapからダイレクトに読み込む機能
(※e.Typistを起動させた状態でスキャンする必要があります。)
  4. 自動アップデート機能
  5. アクティベーション(ライセンス認証)機能
  6. 【ご注意】
付属ソフト「Excelで簡単フォーム作成!」の体験版はございません。
     
注意事項
  本体験版の動作において下記の事項にご注意ください。
     
1. インストール時の注意について
  本体験版をインストールする場合は、「管理者権限」でログオンしてから行ってください。それ以外での動作は保証されません。
  インストール先はデスクトップなどに変更しないで下さい。
     
2. 体験版の削除について
  本体験版を削除(アンインストール)する場合は「管理者権限」でログオンし、次の手順を実行してください。
  1. コントロールパネルのプログラムのアンインストール(Windows XPではプログラムの追加と削除)で「e.Typist v.15.0 体験版」を削除する。
  2. 同じリスト上の「e.Typist v.15.0 体験版(Shared Components)」を削除する。
  3. パソコンを再起動する。
     
3. Windows Vista、Windows 7/8での注意事項
  (1) 通常のアプリケーションは標準ユーザーとして実行されるため、「管理者権限」が必要になる処理を実行した場合、OSからの問い合わせ画面が表示される場合があります。操作を続行するには、「続行」または「はい」ボタンをクリックしてください。
  (2) デスクトップのショートカットやスタートメニュー内のフォルダがアンインストール直後に消えない場合があります。その場合は、デスクトップ上で右クリックして「最新の情報に更新」を実行するか、パソコンを再起動してください。
     
4. TWAIN 対応について
  本体験版でスキャナをお使いの場合、Windowsの各バージョンに対応したTWAINドライバが必要です。お手持ちのスキャナがTWAINドライバに対応しているかどうかはスキャナのマニュアルもしくはスキャナメーカーに確認してください。スキャナをお使いの前にTWAINドライバを、スキャナの操作説明書に従ってインストールしてください。
     
5. 認識結果ファイル出力時の制限について
  (1) 縦書きの文書をWord/RTF形式で保存した場合、これを開くアプリケーションは縦書きのWord/RTF形式をサポートしている必要があります。
  (2) Word/RTF形式で保存した場合、文字サイズの計算は認識した文字矩形を基に、ブロック(段落)の平均サイズを算出します。このため出力された文章が元の原稿のイメージとは異なる場合があります。このような場合は読み込んだ先で位置、文字サイズの調整を行ってください。
  (3) セル数の多い表原稿をPowerPoint形式で保存した場合、出力に時間のかかる場合があります。また、縦横のセルがそれぞれ25個以上を超える場合は出力することができません。
  (4) Word2007環境で出力されたDocファイルをWord2003環境で開く場合は別途マイクロソフト社から提供のコンバータプログラム(Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック)をインストールする必要があります。
     
6. MS Wordへデータ転送時の注意について
  背景画像をWordへ転送(環境設定パネルの「Word」で、「画像転送」オプションを「背景」に指定)する際は、Word上の「描画オプジェクト」を次の手順で有効にしてください。
  (1) 「表示」メニューの「印刷レイアウト」(または、ページレイアウト)を選択する。
  (2) 「ツール」メニューの「オプション」を選択する。
  (3) 「表示」タブの「描画オプジェクト」にチェックを付ける。
     
7. 作業状態の保存について
  アジア言語の認識時に環境設定パネルの「その他」にある「作業状態の保存」のチェックが付いている場合は、次の操作を実行しますと言語が切り替えられるため正しく作業状態を復元できません。環境設定パネルのチェックを外してから操作してください。
  (1) ワンクリックPDF作成機能
     
8. パソコン内に複数のOSがインストールされている環境では、1つのOS上で体験版を利用しますと、他のOSでは体験版を利用できません。
     
上記の「体験版の制限事項」と「注意事項」に同意しますか?

同意する / 同意しない


高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
フッタ