HOME > 商品情報 > 活字OCRソフト「e.Typist v.15.0」 > OCRとは?
活字OCRソフト e.Typist v.15.0

OCRとは?

「e.Typist v.15.0」は印刷された活字文書を、スキャナなどを利用して画像データとして取り込み、 テキストデータに変換する活字OCRソフトです。

OCRとは?
OCR(Optical Character Recognition/Reader、オー・シー・アール、光学的文字認識)とは、手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術です。


ここではOCRソフトの基本的な作業の流れをご説明します。
活字OCRソフトで出来ることのイメージ図

STEP1:活字OCRソフトでの取り込み

活字OCRソフトは、活字文書が印刷された書類・新聞・雑誌のほか、文章を撮影したデジカメ写真、すでに画像として保存されているデータなどを取り込むことができます。

1.スキャナから原稿を読み取り
2.画像ファイルを開く
3.デジカメからの読み込み

また、スキャナやデジカメからすでにパソコンに保存した画像を取り込む事もできます。


活字OCRソフトでの取り込みのイメージ図

STEP2:活字OCRソフトでの認識

活字OCRソフトで文字を認識します。通常は原稿を見ながらキーボードで入力する作業が必要ですが、活字OCRソフトを使用することで原稿を素早く「テキストデータ」(キーボードで入力したものと同じ)に変換します。

テキストデータにすることで

1.文章の修正・追加
2.必要な文書を抜き出して再利用
3.原稿本文の全文検索
4.英文なら翻訳ソフトへデータ転送

など、様々なメリットがあります。


活字OCRソフトでの文字認識のイメージ図

STEP3:活字OCRソフトでの保存

認識したテキストは様々なソフトで利用できるよう、出力ファイルの保存形式を選択できます。
文章と画像の原稿であればWordやPDFファイルで保存することで、元原稿のレイアウトを再現できます。また、表原稿であればExcelファイルで保存すれば数値の修正なども可能です。

このように、活字OCRソフトはアナログの文書原稿を、デジタル化することでさまざまな情報を再利用することができる商品です。

※e.Typistシリーズは「活字文字」専用のOCRソフトです。「手書き文字」の認識はできません。手書き文字のOCRは別途帳票OCR商品をご覧ください。


活字OCRソフトで認識したテキストデータの保存形式例

| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ