HOME > 商品情報 > e.Typist v.13.0 > 新機能/UP機能

新機能/UP機能

OCRエンジンの改良

日本語OCRエンジンは、縦書きと横書きで向きが変わる括弧文字や記号の認識精度を強化することで、全体の認識精度を向上させました。欧米語OCRエンジン※は、全世界で実績のあるニュアンス社の最新エンジンを搭載しました。
※e.Typist NEO v.13.0は英語のみとなります。

デジカメ画像の認識強化

デジタルカメラや携帯電話、スマートフォン等で撮影した際のピンぼけを補整する性能を強化し、自動補整機能を搭載しました。これまで以上に簡単にデジカメ画像の認識が可能です。

認識結果の再現性強化

文書中の写真やグラフを優先的に図領域として抽出するモードを追加しました。文書中のあらゆる文字の認識を優先するのでなく、グラフ部分を図として出力できますので、全体の再現性が高まります。
Word形式については、テキストボックスでない段組み状態での再現性を強化しました。テキストボックスを使わない再現のため、Word上での修正が容易に行えます。Excel形式については、表のセル内にある背景色まで再現できるようなりました。

高圧縮PDF出力を搭載

文書中の画像部分と文字部分をレイヤ構造に分けて効率的に圧縮する”MRC圧縮”方法を使った高圧縮透明テキスト付きPDFファイルの出力を搭載しました。PDF内での文字の表示品質と圧縮率が向上しているため電子書籍端末での利用にも最適です。

画面キャプチャOCR機能を搭載

パソコンの画面をキャプチャし、OCR処理する機能を搭載しました。マウス操作だけで、パソコンに表示されている画面を「画像」として切り取り・出力したり、認識結果のテキストをWordやExcelに貼り付けることができます。

Google の検索エンジンに対応

Web検索(認識結果の文字をサーチエンジンで検索)やキーワードWeb検索(認識結果からキーワードとなる文字を自動抽出し、サーチエンジンで検索)機能で、Googleの検索エンジンが使えるようになりました。

中国語のPDF出力に対応

中国語のPDF出力に対応しました(e.Typist NEO v.13.0は対象外)

韓国語のPDF出力に対応

韓国語のPDF出力に対応しました(e.Typist NEO v.13.0は対象外)

Word 2010への転送に対応

Word 2010への転送に対応しました。

Excel2010への転送に対応

Excel2010への転送に対応しました。

PowerPoint2010への転送に対応

PowerPoint2010への転送に対応しました。

その他の機能強化

・XPS(マイクロソフト社の電子文書フォーマット)形式の出力に対応しました。
・認識属性などの設定条件をファイルに保存する機能を搭載しました。
・見開き画像の自動補正機能を搭載しました。

| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ