OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > 商品情報 > 帳票OCRソフト FormOCR v.7.0 > 帳票作成基準
FormOCR v.7.0

帳票設計基準

OCRを導入する場合、記入し易く、論理チェックがかけられるような帳票設計が重要です。Excel等で作成できますが、下記条件を参考にしてください。


帳票仕様

用紙サイズ 最大A3サイズ、最小サイズはスキャナに依存
(WinReader Hand S v.6.0は最大B4まで)
認識領域 用紙の端から8mm以内
フィールド数 999フィールド内
フィールド枠線 黒色系実線


フィールド枠の形状(手書き文字)

1文字枠 1文字枠
はしご枠 はしご枠
表形式はしご枠 表形式はしご枠
外枠実線(各種桁区切り) 外枠実線


フィールド枠の形状(印字文字)

・32文字以内/1ブロック内
・印字ピッチは固定で0.5mm以上
・文字と枠の接触の無いこと
ブロック枠 ブロック枠
表形式ブロック枠 表形式ブロック枠


フィールド枠の形状(マークチェック)

マークチェック マークチェック


フィールド枠の形状(イメージ)

・最大サイズ認識領域内
・最小サイズ4mm×4mm
・文字と枠の接触の無いこと。
イメージ枠 イメージ枠


文字枠の大きさ

数字 文字枠-数字 幅4mm×高さ6mm~幅12mm×高さ12mm
漢字 文字枠-漢字 幅7mm×高さ7mm~幅12mm×高さ12mm
マークチェック 文字枠-マークチェック 幅4mm×高さ6mm~幅12mm×高さ12mm
ブロック枠 文字枠-ブロック枠 幅4mm×高さ4mm~幅60mm×高さ60mm


枠線幅

・プリンター出力の場合、レーザープリンタをご使用ください。
・推奨値1.2ポイント
200dpiの場合
枠線幅0.9pt 枠線幅1.2pt 枠線幅4.5pt
0.9ポイント
(0.318mm)
1.2ポイント
(推奨値)
4.5ポイント
(1.588mm)
300dpiの場合
枠線幅0.9pt 枠線幅1.2pt 枠線幅3.0pt
0.9ポイント
(0.318mm)
1.2ポイント
(推奨値)
3.0ポイント
(1.058mm)


クリアエリア

・枠を間違いなく抽出するため、枠のまわり2mm(B4サイズの場合3mm)以上をクリアエリアとしてあけてください。
FormOCR 帳票仕様 クリアエリア

混在帳票仕様

種類の異なる帳票を混在して読取る場合、帳票の左上または右上コーナーに設定された帳票識別(帳票ID)フィールドの活字数字、または手書き数字を識別し、帳票種類の識別を行います。
帳票識別IDフィールドは以下のように作成してください。
混在帳票数は最大30です。帳票IDフィールドは、帳票の同じ位置に設計します。
Form OCR には帳票IDなしで帳票を判別する機能があります。
FormOCR 帳票ID仕様