HOME > 商品情報 > イメージマネージャ for FAX-OCR > トップ

イメージマネージャ for FAX-OCR

概要

イメージマネージャは、市販のFAXソフトウェアで受信された画像や複合機などでスキャンされた画像をOCRに適切な画像へ補正し、指定したフォルダへその画像を配信することができるソフトウェアです。

フォルダ監視機能を搭載しておりますので、FAX画像受信先フォルダやスキャン画像保存先フォルダを監視させることで、入力から画像の補正、ファイル名の変更、指定先フォルダへの配信までの作業を自動で行うことができます。

画像の補正は、画像の向きや傾き、ノイズ、かすれなどの一般的な補正だけでなく、FAX画像によく見られる黒線の除去や、ノイズなどにより途切れてしまった枠線を補正するなどの特殊な補正機能もご用意しております。補正後の画像を別のファイルフォーマットに変換することも可能です。

画像が入力されるフォルダ、補正の種類、配信先のフォルダなどの設定は、あらかじめ複数件登録しておくことができますので、入力機器が複数ある場合でも同時にご利用いただけます。また、お客様のご利用環境にあわせて入力画像のファイル名を指定された任意の名前に自動で変換して配信させることも可能です。変更後の名称を簡単に設定できる変数(日付やファイル名に変換する関数)も用意しております。

イメージマネージャは、市販のFAXソフトウェアや別売の帳票OCRソフトウェア「Form OCR」と組み合わせることでFAX-OCRシステムとしてご利用頂けます。この機会に是非ともご検討ください。

>>FAX-OCRソリューション

高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
フッタ