メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



HOME > 商品情報 > ライブラリ > CrossMediator Basic > CrossMediator Basic v.3.0
CrossMediator Basic v.3.0

CrossMediator Basic v.3.0

ビデオデータから発言/セリフの検索(音声検索)、ビデオデータから好きなCMの検索(動画検索)、ビデオクリップで本編の頭出し(動画検索)、曲名は判らないけど曲を見つけたい(ハミング検索)等の機能をお客様のアプリケーションに組込みたい時、本ライブラリをご利用ください。


CrossMediator の使用目的

ビデオデータから発言/セリフの検索(音声検索)
ビデオデータから好きなCMの検索(動画検索)
ビデオクリップで本編の頭出し(動画検索)
曲名は判らないけど曲を見つけたい(ハミング検索)
等の機能をお客様のアプリケーションに組込みたい時、本ライブラリをご利用ください。

CrossMediator の特徴

■音声検索
1.音声ストリーム中(動画も可能)の発言から、テキストをクエリーとして発話場所を見つけ出す。
2.音声ストリーム中(動画も可能)の発言から、短い音声(マイク入力など)をクエリーとして発話場所を見つけ出す。
3.テキストデータを音声で見つけ出す。
4.音声認識とは異なり単語辞書を使用しないため、特定分野に限定されない検索が可能。
5.男女を問わず不特定話者の検索が可能。

■ハミング検索
音声ストリーム中のメロディーを、ハミング音声(マイク入力など)をクエリーとしてメロディーの頭だしをする。

■動画検索
1.動画(フレーム)ストリームから短い動画をクエリーとして先頭を見つけ出す。
2.動画(フレーム)ストリームから静止画をクエリーとして先頭を見つけ出す。

※注意事項
音声検索においては会話の背景にBGM、拍手、他人の会話がかぶっているなど発音が明瞭でない部分は検索できない事もあります。

CrossMediator の応用例

■様々な応用が考えられます
・ビデオコンテンツ配信におけるコンテンツ検索
・ビデオ会議を発言で検索

CrossMediator の導入事例

■富士ゼロックス株式会社様『音声検索』
「MediaDEPO Server」は、データベースに蓄積されたビデオデータを、メタ情報検索や音声検索、シーンのサマリー表示等を活用し、Webブラウザーから効率的に視聴するためのソフトウエアです。ビデオデータの登録からフォーマット変換、コンテンツ作成、管理までを容易に行なうためのツール「DEPO Author」の提供など、管理者にとっても利用者にとっても効果的な機能を多数提供します。多彩な検索機能を有しており、利用者は簡単な操作で素早く目的のシーンを探し出し視聴することができます。
「MediaDEPO Server」の音声検索は、CrossMediator v.2.0 Pro.(CrossMediator Basic v.3.0の旧名)の音声検索を活用しています。

CrossMediator の仕様

入出力形式
音声検索
入力音声は無圧縮PCM(リニアPCM)形式、サンプリング周波数16KHz以上、モノラル/ステレオ。日本語/英語に対応。
ハミング検索
入力音声は無圧縮PCM(リニアPCM)形式。サンプリング周波数16KHz以上、モノラル/ステレオ音声。
動画検索
入力画像は無圧縮フレーム画像。
※ 音声、動画のデコードおよびフォーマット変換等のライブラリについてはお客様側でご用意ください。
実行環境
Windows 8(8.1)、Windows 8(8.1) Enterprise/Pro
Windows 7 Enterprise/Ultimate/Professional/Home Premium/Starter
Windows Vista Ultimate/Enterprise/Business/Home Premium/Home Basic
Windows XP Professional/Home Edition(SP3以降)
Windows Server 2003(SP1以降)
Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2
 
各日本語版に対応
 
※64bit版Windows 7/8、Windows Server 2008 R2/Server 2012では32bit互換モード(WOW64)で動作します。その他の64bit版OS、Windows 7 XPモード等の仮想環境、Macintoshは動作保証外となります。
※Windows 8 はデスクトップアプリケーションとして動作します(Windows RTは動作保証外)。
※OS発売元によるOSのサポートが終了した場合でも、同OSで動作させることは可能ですが、同OSに関連した動作上の不具合等についてのお問い合わせには、ご対応ができません。予めご了承ください。
対応機種
上記OSが正常に動作する機種
開発環境
提供形態
ダイナミックリンク ライブラリ
インポート ライブラリ
C/C++用ヘッダーファイル
API呼び出し形式
すべてのAPIはC言語形式となっています。(stdcall)
その他
内部ではマルチスレッドを使用していませんが、再入可能となっていますので、アプリケーションとしてはマルチスレッドが可能です。


その他

本ライブラリは新情報処理開発機構の研究成果を使用しております。