HOME > 商品情報 > ライブラリ > デジタルペンOCR連携SDK > トップ

デジタルペンOCR連携SDK

それぞれのデジタルペンから取り込んだ帳票記入データからOCR用画像作成までの一連の処理機能をアプリケーションプログラムインターフェース(API)で提供します。
(OCRソフトウェアは別途必要です)

スキャナ、FAXを使わない新たなOCRデータエントリシステムです。


SDK特徴

特徴1:多数のAPIによる細かな制御可能(全てのAPIを使用する必要はありません)。
特徴2:アプリケーションの言語を問いません(VB、VB.NETなど)。
特徴3:ユーザーインターフェース(GUI)は自由に構築可能です。

「手書き帳票」という従来の入力業務形態を変えることなく電子データが生成されます。

メリット1:現場導入教育の負担が小さい。
メリット2:既存システムをそのまま流用できる(改造は入力部だけ)。
メリット3:用紙は従来通りの利用が可能。

「手書き帳票」業務がもっていた課題を解決します!

課題1:紙の管理が大変
→解決1:すべての記入イメージデータが取得できるので用紙は不要です。

課題2:データ入力のために用紙をその場に残せない。
→解決2:ボードにメモリで保存(A4サイズで50枚相当分)されるので、用紙はその場に置いて、エアペンユニットだけで電子データとして持ち運べます。

課題3:用紙を扱う決められた時間帯があり入力作業ピークが発生する。
→解決3:その場で電子化できるので、入力ピークを軽減できます。

高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
高精度のOCR商品ならメディアドライブ
フッタ