メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0

自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0

「自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0」には、文字枠に依存しない自由度の高い文字認識技術が搭載されています。OCR技術の中で、実用レベルまで到達させることが困難であったフリーピッチでの手書き文字認識をついに実現。これにより、OCRが広く、多くの分野での活用が可能になります。業務上、新たなOCR帳票を用意すること無く、既存帳票を生かせる可能性が広がります。


製品概要

認識エンジンは、数字専用認識エンジンと全字種用認識エンジンを搭載しています。記入文字間で文字が接触していても、切断処理を行って1つ1つの文字を切り出すことができますので、高精度に認識することができます。領域の全体画像、切り出された各文字に対する切り出し文字画像、切り出し文字座標、認識結果(Shift JISコード)を出力することができます。

自由手書き文字認識

手書きメモ対応

手書きメモを認識して、検索用のインデックスを作成することでメモのファイリング等を実現します。

手書きメモ対応

フリーフィールド対応

帳票に合わせたOCR処理が可能です。認識エンジンは数字専用認識エンジンと全字種用認識エンジンを搭載しています。お客様の帳票やアプリケーション、システム等の用途にあわせてOCR機能をお選びいただけます。

(1)OCR帳票
・振替伝票、入金伝票、支払伝票等の「摘要欄」
・アンケートの「備考欄」
・各種申込書

(2)帳票変更不可の既存帳票
・年金関連
・領収書

フリーフィールド対応

高精度なOCRエンジンを搭載

記入文字間で文字が接触していても、切断処理を行って文字を切り出すことができますので、高精度に認識することができます。また、複数行にも対応しています。
※文字の学習機能はありません。

接触文字 複数行対応

様々なアプリケーションに対応

認識した領域の全体画像、切り出された各文字に対する切り出し文字画像、切り出し文字座標、認識結果(Shift JISコード)と候補文字(最大20個)を出力することができますので様々なアプリケーションに対応可能です。

切出画像出力 座標軸出力 候補文字出力

知識処理(単語照合)を搭載

約15万件の文書データから、知識処理用の辞書を作成。高精度な手書き文書の認識を実現します。また、独自に作成した単語辞書を使って、認識の切り出し結果に最も近い単語を取得することができます。登録可能な単語数は最大20万件で、最大10候補(単語)までの結果が類似順に取得できます。

知識処理 単語照合

サーバーOSにも対応

サーバーOS(Windows Server 2003/Server 2008/Server 2008 R2)や仮想化商品(VMware ESXi 5.0/Hyper-V 2.0)にも対応しています。
※自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0  Sever開発キットのみ対応です。

仮想化環境対応

価格

自由手書き文字認識ライブラリ
自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0 開発キット 定価 500,000円 + 税
自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0 開発キット 年間保守サービス 定価 100,000円 + 税
自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0 ServerOS対応版 開発キット 定価 1,000,000円 + 税
自由手書き文字認識ライブラリ v.1.0 ServerOS対応版 開発キット
年間保守サービス
定価 200,000円 + 税

※年間保守サービスは必須となります。商品購入時にお申し込みください。
※本ライブラリを使用した商品の配布については別途ライセンス費用が必要となります。
※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。