メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



ゴローン(虫瞰視点ロボット)

ゴローン(虫瞰視点ロボット)

「ゴローン」は、空からの情報を収集するドローンに対して、地上での詳細な情報(映像、音響、温度、湿度、風力、雨量、他)の収集を主な用途とする、簡易設置できて、移動(地上、低空)も可能なIoT端末です。
「ゴローン」は、会津大学 ロボット技術開発支援事業によるロボット開発による研究成果です。当社メディアドライブは、会津大学 ロボット技術開発支援事業に参加しています。


コンセプト

ドローン(Drone)・・・空からの情報を収集
ゴローン(Gorone)・・・地上での詳細な情報を収集(映像 音響 温度 湿度 風力 雨量 他)

ゴローン コンセプト

ラインナップ

1.無線型ゴローン
無線型ゴローン ・ドローンなどの上空からの情報や指示や設置(落下などで)によって、複数個所から地上の情報を調査(数時間以上)することができる。
・確実な調査をするため、パン・チルト制御付きカメラや360度カメラを使用状況に応じて選択することができ、自立移動(地上、低空)機能をつけ、リモートコントロール操作を可能にする。
・最終的には、収集データを解析して警報を出したり、観測場所を少し移動しながら対象物を正確に観測できるような、(自動)移動制御機能を検討する。

2.有線型ゴローン
有線型ゴローン ・長い管の中や、溝のある所を人がゴローンにつながっている線を操作しながら、観測したい部分の情報を有線で収集することができる。
・有線なので、長時間にわたる詳細な観測を行うことができ、ゴローンの回収も確実にできる。