メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



HOME > 商品情報 > ライブラリ > 画像認識 > 製品概要
画像認識・物体検出・類似画像検索

画像認識・物体検出・類似画像検索

画像認識、物体検出、類似画像検索機能を搭載した高精度画像認識システム。
カメラ撮影された物体が何の物体かを認識する「画像認識」、1枚の画像中からクエリー画像と同じ物体を検出する「物体検出」、複数の画像から類似した画像を検索する「類似画像検索」の機能があります。


商品画像の認識(カメラ画像認識の応用例)

1.スマートフォンでカタログやチラシをカメラ撮影します。
2.カメラ撮影した商品やロゴが何であるかを認識します。
3.認識した画像の関連Webページへアクセス、詳細情報を表示します。



画像認識

カメラ撮影された物体が何の物体かを認識します。

画像認識(認識物体の情報取得)

物体検出

1枚の画像中から、クエリー画像と同じ物体を検出できます。複数の物体を検出することもできます。

画像認識(物体検出)

類似画像検索

複数の画像から、クエリー画像と類似した画像検索ができます。複数の画像と類似している場合は、類似度順に並べて出力します。

画像認識(類似画像検索)

画像認識の特長・1「変形を許容」

マッチング可能な変形範囲は、1/2~2倍の拡大縮小、±45度までの回転に対応しています。 局所的な歪みや回転を許しているため、3次元に近い形状でも検出が可能です。

画像認識の特長・2「類似度の出力」

類似度を出力するので、どの程度画像が似ているかの指標になります。

画像認識の特長・3「マスキング」

クエリー画像にマスクをかけて検索をすることが可能。例えば、クエリー画像の背景部分をマスクすることにより、対象画像中で背景が異なっていても検出することができます。

画像認識の画像検出 マスキング

活用事例1 画像による文書分類・文書振り分け

スキャナやFAX、デジタルカメラで取得・撮影された文書を画像によって振り分けます。
帳票の振り分けや、スタンプ・判子が押されているかの判定に使用できます。OCRと組み合わせて発注社別の発注処理等にも応用できます。

画像認識 画像による文書分類・文書振分

活用事例2 類似商品画像の検索(類似画像検索の応用例)

検索したい商品画像を入力し、複数の商品画像から類似商品を検索します。

画像認識 商品画像 類似画像検索の応用例

活用事例3 ロゴの検出(物体検出の応用例)

画像中のロゴを検出。ロゴが傾いていたりサイズが異なっていても検出が可能です。

画像認識 ロゴ検出 物体検出の応用例

活用事例4 医療画像の解析(画像検出の応用例)

連続で撮影された画像に対して、物体認識を行い、物体の位置を検出します。検出された位置を追跡することにより、動きをシミュレーションすることが出来ます。
例えば、時系列MRI画像の三尖弁(心臓の4 つの部屋のうち右心房と右心室の間にある弁)の動きを可視化し、三尖弁異常の発見を支援できます。

画像認識 MRI画像 三尖弁 動きを可視化 画像検出の応用例

応用例1 動線抽出

画像認識技術を監視カメラに活用し、店舗や道路、駐車場等において、人の動きやクルマの動き(動線)を把握できる動線抽出技術を提供します。本技術は、監視カメラの映像から、参照方向パターンを定義し、それにマッチした動きを検出することで、人やクルマの位置や状況を解析し、店舗や道路、駐車場等における人やクルマの行動を「見える化」することが可能です。

画像認識技術の応用例 動線抽出

応用例2 虫瞰視点ロボット:ゴローン

「ゴローン」は、空からの情報を収集するドローンに対して、地上での詳細な情報(映像、音響、温度、湿度、風力、雨量、他)の収集を主な用途とする、簡易設置できて、移動(地上、低空)も可能なIoT端末です。
「ゴローン」は、会津大学 ロボット技術開発支援事業によるロボット開発による研究成果です。当社メディアドライブは、会津大学 ロボット技術開発支援事業に参加しています。

ゴローン コンセプト

その他

本製品は、会津大学の研究成果を利用しています。