メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



活字文書OCRライブラリ v.9.5:動作環境

動作環境

対応OS Windows 10 Education / Enterprise / Pro / Home
Windows 8.1 / Windows 8.1 Enterprise / Pro / with Bing
Windows 7 Enterprise / Ultimate / Professional / Home Premium / Starter
※各日本語版に対応
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7のXPモード、Macintosh、Windows RTは対応外です。
対応OS
(ServerOS対応版)
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise
Windows Server 2008 Standard / Enterprise
Windows 10 Education / Enterprise / Pro / Home
Windows 8.1 / Windows 8.1 Enterprise / Pro / with Bing
Windows 7 Enterprise / Ultimate / Professional / Home Premium / Starter
※各日本語版に対応
※64bit版では、32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7のXPモード、Macintosh、Windows RTは対応外です。
対応仮想化商品
(ServerOS対応版のみ)
VMware vSphere Hypervisor(ESXi) 6.0 / 5.5
[ゲストOS]
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard / Enterprise
Windows Server 2008 Standard / Enterprise
Hyper-V 7.0(Windows Server 2016 Hyper-V)
[ホストOS]
Windows Server 2016 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2016 Standard
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 SP1 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(32bit)
Hyper-V 5.0(Windows Server 2012 R2 Hyper-V)
[ホストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 SP1 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(32bit)
Hyper-V 4.0(Windows Server 2012 Hyper-V)
[ホストOS]
Windows Server 2012 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise<
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(32bit)
Hyper-V 3.1(Windows Server 2012 Hyper-V)
[ホストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise<
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(32bit)
Hyper-V 3.0(Windows Server 2012 Hyper-V)
[ホストOS]
Windows Server 2012 Standard
[ゲストOS]
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 Standard/Enterprise(32bit)
対応機種 上記OSが正常に動作する機種
開発環境 Visual C++ VC 12.0 / 11.0 / 10.0 / 9.0
C#(.NET Framework 4.5.2)
その他 アクティベーションを行うためにインターネット接続環境が必要です。
※インターネットに接続できない場合、インターネットに接続可能な別のパソコンを使って代理認証させることができます。

仮想化環境の注意事項:
1. Microsoft 社からダウンロード提供されている「Microsoft Hyper-V Server 2008 R2」、「Microsoft Hyper-V Server 2012」はサポート対象外になります。
2. 仮想化ソフトウェアはセットアップ時の初期状態で動作確認を行っています。仮想化ソフトウェアの操作や設定についてのお問い合わせは、各メーカーのサービスセンターにお問い合わせください。
3. サポート範囲は、実環境上において発生する問題のみの対応とします。仮想化環境において個別に発生する問題、たとえば、ライブマイグレーションやバックアップなど仮想化商品固有の機能を利用した場合の動作についてはサポート対象外となります。
4. 仮想化ソフトウェアのゲストOS 単位で、アクティベーションの接続(割り当て)がそれぞれ必要になります。
5. スキャナの利用は、サポート対象外になります。
6. アクティベーションによるライセンス認証を行った後、システム環境に変更があった場合、「ライセンス認証」画面が表示されることがあります。その場合、再度ライセンス認証が必要となります。


仕様

画像の読み込み BMP、TIFF/マルチページTIFF(非圧縮、G3/G4圧縮、LZW圧縮)、JPEG、PDF(画像のみ)、メモリ上の画像データ(DIB形式)、PNG
※画像サイズは最大A3、解像度は300~600dpi、カラーに対応
画像の傾き補正 自動(±20度以内)/手動
画像の回転 90度/180度/270度/用紙方向自動判別機能
携帯電話/デジタル
カメラの撮影条件
機種:500万画素以上で接写可能な機種
撮影モード:マクロ(接写)機能を有効にする
撮影環境:
原稿が歪曲しないように、平らにして写す
原稿と背景の色の差が大きくなる場所に置いて写す
背景に余計なものが入らないように写す
光の反射が入らないように写す
※画像の歪み補正は、水平・垂直線に対する30度以内の歪みに有効となります。
認識対象言語 日本語/英語/中国語(簡体・繁体)/韓国語
【アジア圏言語認識オプション】
タイ語・マレー語・ベトナム語・インドネシア語
【ヨーロッパ圏言語[欧米語]認識オプション】
ドイツ語・フランス語・スペイン語・イタリア語・オランダ語・スウェーデン語・ノルウェー語・フィンランド語・デンマーク語・ポルトガル語・ロシア語
レイアウト解析 原稿種別の選択:自動判別/表領域/文章領域/図領域
認識結果 認識結果はShift JISコード(日本語/英語)、GB2312-80コード/ Big-5コード(中国語)、KSC5601コード(韓国語)
改行コードの挿入:ブロック単位/行単位
スペースコードの出力:しない/する(日本語の場合のみ)
認識最大文字数 2万/頁(改行、タブ等含む)
出力形式 テキスト、Unicodeテキスト、RTF、DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、CSV、HTML、PDF(通常・透明テキスト付き・MRC圧縮)、XPS、EPUB
※通常は1ページ分、マルチページTIFF/PDFの場合は複数ページ分可能
※中国語・韓国語の場合はUnicodeテキスト、PDF形式(通常・透明テキスト付き・MRC圧縮)、RTF、DOC、XLS、PPT、DOCX、XLSX、PPTX、XPS、EPUBのみとなります。
【日本語認識部】
認識対象文字種 漢字(JIS第1水準、第2水準文字)、ひらがな、カタカナ、アルファベット、数字、記号等約6,700文字
認識書体 明朝体、ゴシック体、教科書体等マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm角程度(5※~45ポイント程度)※600dpi画像のみ
文書形式 縦書き・横書き自動判別、文字サイズ混在文書対応
【英語認識部】
認識対象文字種 アルファベット、数字、記号
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm角程度(5※~45ポイント程度)※600dpi画像のみ
文書形式 文字サイズ混在文書対応
【中国語/韓国語認識部】
認識対象文字種 中国語(簡体字)6763字(GB2312-80コード対応)
中国語(繁体字)13053字(Big-5コード対応)
韓国語Hangul 2350字/Hanja 4888字(KSC5601コード対応)
認識書体 明朝体・ゴシック体等10種類以上のフォントに対応
文字サイズ 1.8mm~15mm角程度(5※~45ポイント程度)※600dpi画像のみ
【タイ語認識部】
認識対象文字種 タイ語
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 12~16pt, 300~600dpi
【ベトナム語認識部】
認識対象文字種 ベトナム語
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 10~14pt, 300~400dpi
【マレー語認識部】
認識対象文字種 マレー語
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm(5~45pt) 5ptは600dpiのみ
【インドネシア語認識部】
認識対象文字種 インドネシア語
認識書体 マルチフォント対応
文字サイズ 1.8mm~15mm(5~45pt) 5ptは600dpiのみ
※Unicode特有の文字は認識対象外となります。

機能

画像読み込み機能 BMP、TIFF、JPEG、メモリ上の画像データ(DIB形式)、画像のみで構成されたPDF、PNGの読み込み。
マルチページTIFF、PDFファイルはページを指定して読み込み可能です。
用紙方向自動判別 縦横の用紙方向を自動判別します。
画像自動拡大 認識に最適な画像に自動的に拡大します。
レイアウト解析機能 画像を解析して文字領域、縦書き/横書きの自動判定が可能です。
認識範囲設定機能 設定できる数の制限なし。
認識条件設定機能 関数により設定可能です。
表認識データ区切り設定 表の認識において、罫線の判定の自動手動切り替え、点線の有無の切り替え、点線を区切るかどうかの切り替えが可能です。
白黒画像自動反転 白抜き文字の認識が可能です。
言語自動判別 ページ単位に日本語/英語を自動判別が可能です。
文字種指定 ユーザが定義した文字種での認識が可能です。
学習機能 ユーザー辞書の設定、文字パターンの学習・登録が可能です。
学習文字:最大5000個/ファイル(日本語の場合のみ有効)
WinReader PRO v.15.0で作成した学習ファイルを使用した学習認識処理が可能です。
画像保存 読み込まれた画像をBMP/TIFF/JPEG形式で出力します。