メディアドライブ製品は、OCR技術をはじめに先端技術にいたる多彩なライブラリで高付加価値システムの実現をサポートします。



名刺認識ライブラリ v.8.0

名刺認識ライブラリ v.8.0

「名刺認識ライブラリ」は名刺画像をOCR処理し、名刺情報をテキストデータへ変換、名前、会社名、住所などの各項目に自動振り分けを実行するOCRライブラリ(SDK)です。「名刺認識ライブラリ」を組み込むことで、お客様のソフトウェアや業務システムなどに名刺OCR機能を追加することができます。例えば、顧客管理システムやSFAなどのグループウェア、受付案内システムなど名刺データを活用するさまざま分野でご利用いただけます。


高精度な名刺認識エンジン

名刺認識エンジンは、当社最高水準の活字文書OCRエンジンをカスタマイズした名刺専用の認識エンジンです。名刺を高精度に認識し、お客様の名刺管理における入力作業の煩わしさを軽減します。氏名や社名といった主要項目や斜体で記載された日本語の名刺、文字数の多い英字「URL・電子メール」などの項目の検出方法を改良し、認識精度の向上を実現しています。

高精度な項目振り分け

認識結果を「会社名」「名前」「住所」「電話番号」「メールアドレス」など各項目へ高精度に振り分けます。名刺レイアウト解析、会社ロゴなどの文字・非文字の判別性能の改良により、各フィールドへの振り分け精度の向上を実現しています。また、名刺書式の判定で縦書き書式と判定された場合、縦書き書式で利用されることの多い漢数字や、「URL・電子メール」のみが横書きされているケースなど、縦書き書式に特化した認識処理を行うことで、縦書き名刺の認識精度が向上しました。

名刺認識ライブラリ 項目振り分け

アジア言語対応

認識言語は日本語、英語の他に中国語と韓国語の名刺の認識が可能です。中国語住所の振り分けは中国(本土)・台湾・香港のみとなります。

名刺認識ライブラリ 中国語 韓国語

名刺の自動切り出し

複合機やフラットベッドスキャナを使って名刺を取り込む際に、ランダムに配置された複数枚の名刺を自動で切り抜くことが可能です。また、用紙方向の判定処理に新方式を採用し、横・縦書きの名刺書式や画像の用紙方向に関わらず、安定して正しい用紙方向に補正できるよう判定精度の向上を実現しました。

名刺認識ライブラリ 名刺の自動切り出し

スマートフォン/デジタルカメラ対応

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した名刺画像を読み込み、画像から名刺部分だけを自動でトリミングする機能を搭載しています。黒色背景画像の切り出しに特化した黒背景高精度モードを新たに搭載し、トリミング精度を高めることを実現しました。撮影された画像が歪んでいる場合などでも補正して認識させることが可能です。また、色彩補正の改良により、特に小さめの文字で記載されている「携帯番号・メールアドレス・URL・FAXなど」の認識精度が向上しました。

名刺認識ライブラリ 自動トリミング 歪み補正

画像補正機能

色彩補正はカメラ撮影時の照明による影響を低減し、オリジナルに近い色情報を再現します。

名刺認識ライブラリ 色彩補正

最新の動作環境に対応

最新のOSであるWindows 10 / Windows Server 2012 R2に対応しています。
また開発環境として.NET Framework 4.0に対応しました。

価格

製品名 価格
名刺認識ライブラリ v.8.0 開発キット 500,000円 + 税
名刺認識ライブラリ v.8.0 開発キット 年間保守サービス 100,000円 + 税
※年間保守サービスは必須となります。商品購入時にお申し込みください。
※本ライブラリを使用した商品の配布については別途ライセンス費用が必要となります。
※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。