OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



名刺ファイリング・サーバー v.5.0

名刺ファイリング・サーバー v.5.0:新機能・UP機能

新バージョンでは、自分が持っている名刺と同じ名刺が他のユーザーにて登録されたことを知らせてくれる“お知らせ”機能や、指定した社名の名刺を他のユーザーが登録しているかどうかを検索できる名刺相関検索機能、会社名をあらかじめ辞書に登録しておき、登録された名刺を自動で修正する機能などが搭載されています。
複合機連携製品では最新の名刺認識エンジンを搭載し、日本語だけでなく英語、中国語、韓国語の名刺の認識にも対応しました。スマートフォンのカメラを使って名刺を撮影し、名刺ファイリング・サーバーへ自動登録することもできます。また、名刺データの登録の手間を省く「名刺データ訂正サービス」の提供も可能となりました。


名刺登録プログラム(オプション)

「名刺登録プログラム」を利用することで、オフィス内にある複合機を使い、直接サーバーにあるデータベースへ名刺情報を登録できます。複合機でスキャンした名刺データはサーバー内で文字認識し、名刺情報がデータベースに自動登録されるため、クライアント端末に名刺データを残さない運用が可能となり、セキュアなシステム構築を実現可能です。
名刺登録プログラム

名刺データ訂正サービス(オプション)

名刺データの登録や訂正(クレンジング)作業には、手間が発生します。「名刺データ訂正サービス」をご利用いただければ、名刺をスキャンするだけで、正確な名刺データベースが構築可能です。*1名刺データをSFAやCRM等の2次利用を目的とする企業に最適なサービスです。

名刺登録お知らせ機能

自分が持っている名刺より新しい名刺が他のユーザーにて登録されたとき、その名刺情報をログイン時の画面に表示して知らせることができます。表示された名刺は詳細を確認して、自分の名刺として登録することができます。*2

名刺登録お知らせ機能

社名相関検索機能

指定した社名の名刺を持っているユーザーを抽出し、一覧で表示することができます。各ユーザーが登録した名刺情報を確認することで、ユーザーと名刺との相関(かかわり合い)を知ることができます。*2

社名相関検索機能

社名辞書登録(学習機能)

電子メールのドメイン名(@マークより後の文字)と社名、社名の読み仮名を辞書へ登録しておき、次回登録される名刺を自動で修正することができます。また、すでに修正された名刺と同じ社名の名刺が登録された場合に、修正履歴を使用して自動的に修正することができます(修正対象は社名、社名読み、連絡先AのEmail、URL、住所1、住所2のみ)。

その他

1. 韓国語の画面表示に対応
名刺ファイリング・サーバーの表示画面を韓国語に切り替えることができます。
2. スキップログイン機能
次回以降(1週間)のログイン時にユーザーIDとパスワードを入力することなくログインできます。
3. 最新のOS環境に対応
64bit OSのWindows Server 2008 R2、最新サーバーOSであるWindows Server 2012に対応しています。
4. 複合機連携プログラムの認識言語強化
最新の名刺認識エンジンを搭載し、日本語だけでなく英語、中国語、韓国語の認識に対応しています。
5. スマートフォン連携強化
スマートフォンのカメラを使って名刺を撮影し、名刺ファイリング・サーバーへ自動登録することができます。日本語/英語/中国語/韓国語の名刺に対応し、裏面も登録可能です。*3


注意事項

*1 スタッフによりデータの訂正を実施します。サービス基準に基づいたベストエフォート型のサービスです。
*2 閲覧権限のある名刺に限ります。
*3 携帯・スマートフォン閲覧オプション及び複合機連携プログラムが必要となります。