レシートストック for iPhone

「レシートストック for iPhone」は、スマートデバイスでレシートの支出項目や金額を管理することができる家計簿アプリケーションです。レシートをスマートデバイスのカメラで撮影し、記載されている品名や金額などを高精度なクラウドOCRエンジンを使って自動で読み取り、家計簿を作成することができます。

購入品目が多い場合の長いレシート読み取りにも対応しています。レシート画像はアプリ内に登録可能なため、後日確認することができます。また、月の予算金額を設定することで、リアルタイムに現状の支出金額と比較できますので、支出を節約するなどの家計の見直しに役立ちます。


高精度なレシート自動読み取り機能が使用可能

レシートをスマートデバイスのカメラで撮影し、記載されている品名や金額などを高精度なクラウドOCR(日本語のみ)を使って自動で認識します。認識結果に誤りがあった場合は、レシート画像を確認しながら簡単に修正することができます。

※認識時はインターネットに接続できる環境が必要です。
※レシート画像は、メディアドライブ社のサーバーに送信され、クラウドOCRエンジンを使って文字認識を行います。(認識に使用した画像や認識結果が当社サーバーに保存されることはありません。)
※ご利用の端末の契約内容によっては別途通信費がかかる場合があります。


スクリーンショット

(1)長いレシートの読み取りも対応
購入品目が多い場合の長いレシート読み取りにも対応しています。
対象のレシートをカメラで複数回(最大3回まで)撮影することで、撮影したレシート画像を 結合してから読み取ることができます。

(2)撮影したレシート画像も一緒に登録しますので、レシートを後日確認することができます。カメラで撮影した際のレシートの不要な背景は自動で削除(トリミング)します。

(3)店舗名と電話番号を登録しておくことで、次回登録時に同じ電話番号の場合は自動で店舗名を表示することができます。


レシートが無くても手動登録可能

レシートが無くても、支出に必要な項目だけを手動で入力することができます。

予算設定で支出を節約

月の予算金額を設定することで、リアルタイムに現状の支出金額と比較できますので、支出を節約するなどの家計の見直しに役立ちます。

表示方法の切り替えが可能

レシートの登録状況は集計画面だけでなく、レシートの明細やレシート画像表示画面に切り替えて閲覧することができます。表示データも費目の名前や日付でソートすることが可能です。

バックアップ機能搭載

登録データのバックアップ/復元が可能になっており、機種変更してもデータが引き継げます。

スキャナ機器からのWiFi経由取り込み対応

スマートデバイスのカメラ以外に、Wi-Fi経由で以下のスキャナ機器からもレシートを取り込むことが可能です。

<PFU>
ScanSnap iX100 / iX500
※ご利用には別途「ScanSnap Connect Application(日本語版)」が必要です。

<EPSON>
DS-560 / DS-40
※ご利用には別途「Epson DocumentScan」が必要です。

動作環境

バージョン 1.3.0
対応OS iOS 8.0~iOS 9.3
※インターネットに接続できる環境が必要です。
※登録できるレシート数は、月あたり最大200枚です。収入金額の登録・管理はできません。
※最新の対応状況はApple App Storeをご覧ください。



ご購入




■レシートストック for iPhone

定価:600円(税込)


※最新の価格はApple App Storeでご確認ください。
※価格は予告なく変更になることがあります。

ご注意

※レシート画像はメディアドライブ社のサーバーに送信され文字認識を行います。(認識に使用した画像や認識結果が当社サーバーに保存されることはありません。)
※ネット接続ができないとOCR処理ができませんのでご注意ください。 ※登録できるレシート数は、月あたり最大200枚です。
※収入金額の登録・管理はできません。
※インターネット接続には通信費が発生する可能性があります。
※価格・仕様は予告なく変更になることがございます。