HOME > 商品情報 > WinReader PRO v.13.0 > WinReader PRO v.13.0:トップ

活字文書OCRソフトウェア:WinReader PRO v.13.0

WinReader PRO v.13.0は、オフィスに氾濫する膨大で且つ様々な帳票や文書をデジタルデータに変換し、それらを活用するための全文フリーワード検索を可能にする高性能な業務用活字文書OCRソフトウェアです。

このソフトウェアを導入することにより、社内のあらゆる情報はデジタルデータとして一元管理が可能になり、ペーパーレスソリューションに貢献します。

また、お使いのシステムにOCR機能を組み込み、既存システムの中で社内文書の電子化を実現できる「OLEオートメーション開発キット」や、富士ゼロックス社製「ApeosWare Flow Service」上でWinReader PROのOCR機能を利用できるようにした「ApeosWare Flow Service OCRプラグイン v.2.0」などニーズに合わせた高機能オプションも別途ご用意しております。

帳票や文書のデジタル化を効率的に支援!

知識や情報を資産として再活用するための活字文書OCRソフトウェア

「専門書・学術書」「新聞・雑誌」「教科書・問題集」「仕様書・マニュアル」「契約書・業績表」など資産価値の高いドキュメントはもちろん、「営業報告書」「事業報告書」「総会議事録」「取締役会議事録」「定款」「組合員名簿」「議決権行使書」「規約等」など保管を目的とするドキュメントの管理にも対応します。

最高峰の高精度認識エンジンを搭載

当社の最新日本語認識エンジンと、ニュアンス社の最新欧米語認識エンジンを搭載。

複合機からの画像ファイルを取込み

特定のフォルダを監視し、複合機などからの画像が保存されると自動的に取り込み・文字認識を行なうことで、複合機などと連携しOCR認識を行います。

元原稿のレイアウトやフォントを再現

Word形式出力では修正が容易な段組の再現を強化。Excel形式出力ではセル内背景色を再現。

Office、PDF、XML形式で出力

高圧縮透明テキスト付きPDFファイルの出力機能を搭載、またOffice2010形式やXML形式での出力が可能。

大量自動処理に対応

最大10,000枚までの大量原稿を一括で処理が行えます。

 


| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ