HOME > 商品情報 > WinReader PRO v.13.0 > 活用事例

活用事例

「WinReader PRO v.13.0」は企業内に大量に存在する紙文書の電子化を迅速・的確に行ない、様々な目的に活用することができます。「専門書・学術書」「新聞・雑誌」「教科書・問題集」「仕様書・マニュアル」「契約書・業績表」など資産価値の高いドキュメントはもちろん、「営業報告書」「事業報告書」「総会議事録」「取締役会議事録」「定款」「組合員名簿」「議決権行使書」「規約等」など保管を目的とするドキュメントの管理にも対応します。

カラー画像・A3サイズ対応、認識言語は58ヶ国語とドキュメントを選びません。

社内のあらゆる情報はデジタルデータとして一元管理が可能になり、ペーパーレスソリューションに貢献します。もちろん、PDFファイルをはじめに豊富な出力形式をサポートしているので、ドキュメントの再利用も容易です。

「日本版SOX法」・「e文書法」に適合した文書管理システムの構築を強力にサポート!

大量のドキュメントをOCR(文字認識)にて情報を的確にインデックスすることで、電子化文書の基本要件の1つである迅速な検索性を満たすことが可能となります。

様々な分野の電子文書化に必要とされる活字文書OCR

■独立行政法人などの研究機関
専門書や学術書の文献をデータベース化し各研究機関との情報のやり取りに使用

■翻訳業
大量にある外国語の翻訳原稿を文字認識

■教育機関
過去の関連校で使用したデータをデータベース化しそれを講師がピックアップ

■製造業
過去の製品仕様書やマニュアルなど文字認識



| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ