HOME > 商品情報 > やさしくデジタルファイリング v.9.0 > 新機能

新機能

■複合機連携機能の搭載(フォルダ監視/リネーム/PDF変換)

◎フォルダ監視
複合機上でスキャンされたデータの送信先フォルダを自動で監視する機能を搭載しました。監視先フォルダに送信されたスキャンデータを、やさしく「デジタルファイリング v.9.0」で管理しているデスクトップや任意のフォルダへ自動で転送し、管理することができます。

◎リネーム/PDF変換
保存する際は、あらかじめ指定しておいたタイトル名に変更したり、OCR処理の実行や画像を透明テキスト付きPDF(日本語のみ※1)に変換するなどの指定が可能です。
登録後のデータを別のフォルダへ移動する際に、フォルダ名を使った名称にタイトル名を自動変換する機能も搭載しています。

※1:認識結果は全て全角になります。アルファベットも全角になります


■データ登録処理の高速化

登録時の処理を高速化するために、OCRやサムネイル作成をバックグラウンドで処理する機能を搭載しました。処理を空いている時間で行いますので、大量のデータを続けて登録したい場合に便利です。
※サムネイル作成のバックグラウンド処理は画像データのみが対象となります。

■アプリ連携機能の強化

当社の最新アプリケーションと組み合わせてご利用いただけます。
・e.Typist v.13.0/e.Typist NEOv.13.0(OCRプログラムとして使用可能)
・やさしくPDFへ文字入力PROv.7.0(作業ファイルの管理とデータ転送に対応)
・PDF直接編集ツール(データ転送に対応)
※PDF直接編集ツールと連携する際は、やさしくPDFへ文字入力PROv.7.0のアップデータ(更新プログラム)の適用が必要となります。

■iPad/GALAXY Tabからのデータ閲覧に対応

パソコン上のWebブラウザからデスクトップに登録されたデータを閲覧できるWebビューワー機能を強化しました。Apple社製タブレット「iPad」やSAMSUNG電子株式会社製Android搭載タブレット「GALAXYTab」のブラウザから、「やさしくデジタルファイリング v.9.0」の登録データを閲覧できます。
※閲覧時にはパソコンと端末を同一のネットワークで接続できる無線LAN環境が別途必要です。

■Microsoft Office 2010/Adobe Acrobat X対応

Microsoft Office 2010(Word 2010/Excel 2010/PowerPoint 2010)やAdobe Acrobat Xで作成された文書ファイルのインポート(サムネイル表示)や全文検索機能に対応しました。

■Google の検索エンジンに対応

Web検索(付属テキスト内の指定文字を検索)やキーワードWeb検索(付属テキスト内からキーワードとなる文字を自動抽出して検索)機能で、Googleの検索エンジンが使えるようになりました。

■基本OCRエンジンの性能強化

「やさしくデジタルファイリングv.9.0」で標準搭載しているOCRエンジンの性能を強化しました。認識精度の向上とOCR処理の高速化を実現しています。

■キーワードを自動的に抽出して検索

文書データから、重要度や頻度の高いキーワードを自動的に抽出して、検索に使用することができるようになりました。 抽出したキーワードを使ってやさしくデジタルファイリング内のデータを検索したり、インターネットの検索エンジンに転送することができます。 出典のわからない文書をWebで調べたり、類似文書を探すなど、検索の方法がさらに広がります。

■その他の機能強化

・ScanSnapから取り込む際にスキャンデータをスタックするかどうかの選択が可能になりました。
・最新の情報に更新する機能を時間指定により実行可能になりました。
・時間指定による管理ファイルの定期バックアップが可能になりました。
・簡易検索機能(検索画面を表示せずに検索する機能)を搭載しました。
・Windows 7/8/8.1/10の64bit OSに対応しました。32bit互換モードで動作します

| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ