HOME > 商品情報 > やさしく家計簿 v.2.0 > 新機能・UP機能
やさしく家計簿 v.2.0

新機能・UP機能

新バージョンとなる「やさしく家計簿 v.2.0」では、最新の文字認識エンジンを搭載するとともに、複合機や市販のフラットベッドスキャナからのレシート読み込みに対応しました。最新の文字認識エンジンは、これまで以上に認識精度が向上するよう改善しています。

複合機や市販のフラットベッドスキャナからの読み込みは、ランダムに配置された複数のレシートを自動で切り抜き、認識して登録できるようになりました。また、レシートリーダー付きのパッケージにはUSB2.0に対応した新しいスキャナが付属しています。

この他に、支払い方法として銀行やクレジットカード以外の任意のポイントカードや電子マネーを登録可能とすることで、幅広い支払い方法での管理が可能となりました。家計簿の一覧表示では支出状況などを支払い方法別に閲覧することができます。

銀行口座については、口座作成時の残高設定と給与収入などの入金先設定を可能とすることで、支払いによる現在の口座残高も確認できるようになりました。また、将来的に発生する個別(不定期)の支出を入力することや、締め日の設定変更など、家計簿に関する機能も向上しています。64bit版Windows7でも32bit互換モードで動作可能です。

(1)認識エンジンを改良

文字認識エンジンは、これまでに報告のあった個々のレシートに対する問題点を改善しています。例えば「¥」マークが一部の文字だけに含まれているレシートや電話番号の区切り文字が省略されているレシート、商品名と価格の表示が近いレシート、商品明細に「内」や「特」という文字が含まれるレシート等の認識精度が改善されています。また、最新の法人電話番号辞書も搭載しており、認識時にご利用いただくことができます。

※レシートによって認識率は異なります(レシートの認識は100%ではありません)。
※手書き文字は認識できません。
※法人電話番号辞書は対象の企業が辞書に登録されていれば、認識結果が不十分な場合でも自動で電話番号から店舗名を補う機能です。店舗名が変更になった場合は、古い店舗名で表示される場合があります。

(2)複合機や市販スキャナからのレシート読み込みが可能に

市販のフラットベッドスキャナや複合機を使って複数枚のレシートを一括で読み込むことができます。レシートを原稿台にランダムに置いていただければ、取り込む際にレシート毎に自動で切り抜きます。読み込んだレシートは、未処理レシートとして管理されますので、空いた時間で認識、登録が可能です。

※自動切り抜きは最大A3サイズまでの対応となります。また、スキャン画像の背景が黒色であることが条件のため、フラットベットスキャナおよび複合機ともに付属の黒シートをレシートの上にかぶせてスキャンする必要があります。
※レシートの背景全体や一部が濃い色で塗りつぶされている場合は、正しく切り抜きできない場合があります。自動で切り抜きできないレシートの場合は、手動でスキャンするエリアを指定して1枚ずつスキャンします。

(3)専用高速カラースキャナを同梱

レシートリーダー付きパッケージには、USB 2.0に対応した専用高速カラースキャナが同梱されています。レシートは、スキャン終了後に次のレシートをセットしますと、続けてスキャンすることができます。

※色数は白黒、解像度は600dpiでスキャンされます。


やさしく家計簿 レシートリーダー
インターフェイス USB 2.0
読み取りモード 片面、カラー/グレー/白黒
読み取り可能サイズ 幅105 mm×長さ1000 mm(厚さ0.08〜1.2 mm)
読み取り枚数 1枚
光学解像度 600dpi×600dpi(最大)
電源 パソコン本体のUSBポートより供給
(Hub経由での接続は動作保証されません)
最大消費電力 2.5W
本体サイズ 幅174.5mm×奥行き60.5mm×高さ38.5mm
本体重量 約194g
使用環境 温度 10〜40度
その他 USBケーブル(1.5m)付属
備考 レシートの読み取り面は上になります。

(4)ScanSnap対応

ScanSnapシリーズ S1500/S1300i/S1300/S1100に対応しました。ScanSnapからダイレクトに画像を読み込ませることができます。

※ScanSnapはPFU社のカラーイメージスキャナです。

(5)ポイントカードや電子マネーの管理が可能に

支払い方法として銀行やクレジットカード以外の任意のポイントカードや電子マネーを登録可能とすることで、幅広い支払い方法での管理が可能となりました。家計簿の一覧表示では支出状況などを支払い方法別に閲覧することができます。

(6)銀行口座管理の改良

銀行口座については、口座作成時の残高設定と給与収入などの入金先設定を可能とすることで、支払いによる現在の口座残高も確認できるようになりました。

(7)その他の機能強化

・定期的な支出だけでなく、将来的に発生する個別(不定期)の支出も登録できるようになりました。
・締め日までの月度区分(締め日を境にして当月分にするか前月分にするか)を設定できるようになりました。
・入力明細の表示画面に支払い方法を追加し、テキスト出力することも可能になりました。
・Windows 7の64bit OSに対応しました(32bit互換モードで動作します)。


| ホーム | トピックス | 商品情報 | 企業情報 | サポート | お問い合わせ | オンラインショップ |
| 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | サイトポリシー | サイトマップ |
フッタ