メディアドライブは高度な文字認識技術、音声/画像認識技術、人工知能(AI)技術をベースに、様々なソリューションをご提供します。

ページ内移動用のメニューです。



カメラ撮影で、名刺を取り込む方法を教えてください。<iPhone>

カメラ撮影で名刺を取り込む場合、
<1枚ずつ撮影・登録する方法>と<連続して撮影・登録する方法>があります。


<一枚認識>

カメラ撮影後に認識が行われ、認識結果の修正を行います。
修正後、データベースへ登録され、リスト内にデータが表示されます。

名刺ファイリングを起動し、初期画面で、右下「設定/機能」を選択します。
00000
「名刺認識」-「認識方法」
・認識方法を、一枚認識に設定します。

初期画面に戻り、右下「登録」を選択します。


「カメラ」項目を選択します
・名刺を○ボタンで撮影します。
 きれいに撮影できましたら、「写真を使用」を選択します。
 (撮り直したい場合、「再撮影」を選択します。)

「画像処理」画面


・認識後、画像処理画面に移ります。
 画像から名刺部分を切り取るための線を自動で抽出します。
 名刺の4角が合っていることを確認します。(合わない場合は、四隅をドラッグで調整)
・「はさみ」マークを選択し、名刺画像を切り出します。

・「認識」を選択します。

「認識結果」画面


・認識結果の各項目をタップして文字を修正します。
・確認が完了しましたら、「登録」を選択します。

画面下の「リスト」を選択します。


「並び」で設定された順序で名刺データが表示されます。


<連続認識>

連続でカメラ撮影し、同時に認識処理を行います。
同時にデータベースへ登録されますので、修正は、リスト内で行います。

名刺ファイリングを起動し、初期画面で、右下「設定/機能」を選択します。
00000

「名刺認識」-「認識方法」
・認識方法を、連続認識に設定します。

「画像処理」-「名刺切り出し」
・有効・・・名刺の大きさに自動切り出しし、画像登録されます。
・無効・・・撮影した画面がそのまま画像として登録されます。


初期画面に戻り、右下「登録」を選択します。


「カメラ」項目を選択します
・名刺を○ボタンで撮影します。
 きれいに撮影できましたら、「写真を使用」を選択します。
 (撮り直したい場合、「再撮影」を選択します。)
・撮影モードに戻るので、次の名刺を撮影し、「写真を使用」を選択します。
 複数の名刺の枚数分、繰り返します。

 ※撮影が完了しましたら、「キャンセル」の文字を選択します。

「登録」画面
・名刺登録画面に戻りますので、画面下の「リスト」を選択します。

「リスト」画面
・「並び」で設定された順序で名刺データが表示されます。
・撮影後、未修正のデータは、赤色表示されますので認識状況を確認し、
 必要に応じて修正します。

最終更新: 2014-10-02 16:43

このQ&Aを印刷する このQ&Aを印刷する


このQ&Aはお客様の役に立ちましたか?

お手数ですが以下選択後、投票ボタンを押して下さい。

問題が全く解決出来なかった 1 2 3 問題が全て解決した