メディアドライブは高度な文字認識技術、音声/画像認識技術、人工知能(AI)技術をベースに、様々なソリューションをご提供します。

ページ内移動用のメニューです。



WEBビューワーの閲覧方法を教えてください。

やさしく名刺ファイリングがインストールされていないパソコンから、WEBを利用してデータベースを閲覧できる機能です。
  ※同一ネットワーク(LAN)内のPCのみ、ビューワーでの閲覧が可能です。
  ※同一WIFI環境のタブレット(iPad/ GALAXY Tab)からも閲覧できます。(名刺12.0以降)
  ※「やさしく名刺ファイリング PRO」と「名刺ビューワーサーバー」は同一PC上にあり、「名刺ビューワーサーバー」を起動させておく必要があります。
  ※v14.0~では、本機能はございません。

 

下記の手順をご確認ください。

【やさしく名刺ファイリング側(サーバー側)での操作】

  1. サーバー側パソコンのコンピュータ名を確認しておいてください。
    コンピュータ名は、「コントロールパネル」→「システム」→「コンピュータ名」タブの「フルコンピュータ名」欄で確認することができます。
    コンピュータ名
  2. Windowsの「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→「やさしく名刺ファイリング PRO」→「名刺ビューワーサーバーの起動」を選択します。
    (Windows 8の場合:スタート画面「デスクトップ」のパネルより「やさしく名刺ファイリング PRO 」→「名刺ビューワーサーバーの起動」)
     
  3. 名刺ビューワーサーバーが起動し、タスクバーにアイコンが表示されます。
    サーバーが起動 
    ※名刺ビューワーサーバーが正常に起動できなかった場合はアイコンが赤色で表示されます。 設定ダイアログ(後述の5.を参照)で「使用ポート番号」を変更してください。
  4. 名刺ビューワーサーバーを右クリックし、「設定」を選択します。
    設定
  5. 「設定」ダイアログが表示されます。使用ポート番号を確認してください。
    なお、他のプログラムがすでに同じポート番号を使用している場合は、使われていないポート番号(1~65535)に変更してください。
    ポート番号

    「Webビューワー表示件数」
     Webビューワーで一度に表示できるリストの件数を設定します。
 
【閲覧側での操作】

  1. Internet Explorer等のブラウザを起動します。
    (iPadの場合は「Safari」アイコン、GALAXY Tabの場合は「ブラウザ」アイコンをタップしてください。)
  2. 「アドレス」欄に、サーバー側のコンピュータ名(上記【やさしく名刺ファイリング側(サーバー側)での操作】の手順1を参照)、または、IPアドレスを入力します。
    アドレス欄に入力
    ※ポート番号(上記【やさしく名刺ファイリング側(サーバー側)での操作】の手順5を参照)が
     「80」以外に設定されている場合、アドレスに続けて「:(コロン)」+「ポート番号」を入力して
     ください。下記はポート番号が「8080」の場合の例です。
    80以外のポート番号
  3. 閲覧するデータベースのログイン画面が表示されます。リストからデータベースを選択し、「ログイン」ボタンをクリックしてください。(下記はv.9.0の画面です)
     
  4. ログインすると、指定したデータベースのレコードを表示します。


  

■参考■
 
  
WEBビューワーがつながらない場合、下記をご確認ください。
WEBビューワーがつながらない。 】

 

 

最終更新: 2016-11-25 13:23

このQ&Aを印刷する このQ&Aを印刷する


このQ&Aはお客様の役に立ちましたか?

お手数ですが以下選択後、投票ボタンを押して下さい。

問題が全く解決出来なかった 1 2 3 問題が全て解決した