メディアドライブは高度な文字認識技術、音声/画像認識技術、人工知能(AI)技術をベースに、様々なソリューションをご提供します。

ページ内移動用のメニューです。



起動時に「別のユーザーが使用しているため実行できません」と表示されます。

下記の項目をご確認ください。

  • 速攻!名刺管理を他のユーザーアカウントで起動していると、同時に起動することが出来ません。その場合には、一度パソコンを再起動し、再度、速攻!名刺管理の起動をお試しください。
     
  • パソコンを再起動してどうか、お試し下さい。
       
  • 設定ファイルの変更
    速攻!名刺管理で使用中の設定ファイルがなんらかの原因で正常に動作しなくなっている可能性があります。下記の対策をお試し下さい。 

    【注意】
    この対策を実行すると、データベース登録が一旦解除されます。
    「速攻!名刺管理」が起動できる場合は、まず、データベースの保存場所を確認しておいてください。データベースの保存場所の確認方法は、下記ページをご参照ください。
    【データベースの保存場所を知りたい】
     https://pac.mediadrive.jp/faq/index.php?action=artikel&cat=527&id=1964&artlang=ja
    1. 速攻!名刺管理が起動していましたら、終了してください。
    2. 「マイドキュメント(ドキュメント)」→「速攻!名刺管理」を開きます。
    3. 「速攻!名刺管理 User Data」フォルダを開きます。
    4. 「_AppData_」フォルダの名前を変更します。(例:「_AppData_123」)
        
      ※「_AppData_」フォルダは隠しフォルダです。このフォルダが表示されない場合、
       コントロールパネルの「フォルダオプション」→「表示」タブを開きます。詳細設定
       項目内の「ファイルとフォルダの表示」を「すべてのファイルとフォルダを表示す
       る」に設定してください。
       
    5. 速攻!名刺管理を起動します。
      データベース登録が解除されているので、「ファイル」メニューから「データベース登録を追加」を開き、データベース保存先(上部の「注意」参照)にある【~.ec7】ファイルを選択し、「開く」からデータベースを再登録してください。
      その後、操作をお試しください。(「速攻!名刺管理2」は、【~.ec9】ファイルを選択してください)
        
  • 「速攻!名刺管理2」の場合は、下記もお試しください。
    自動アップデートの確認の為の、弊社ネットワークへの接続・接続切断が正常に行えていない可能性があります。下記をお試しください。
    1. PCを再起動し、「速攻!名刺管理2」を起動します。
    2. 「ツール」メニュー「環境設定」を選択します。
    3. 「全般」→「起動終了」を選択します。
    4. 「自動アップデート」の「起動時にアップデータの更新をチェックする」のチェックを外してください。
    5. 「OK」ボタンをクリックしてください。
    6. 速攻!名刺管理2の再起動をお試し下さい。
        
  • インストール直後からこのメッセージが表示されている場合には、速攻!名刺管理の再インストールをお試しください。なお、インストール時には、常駐しているアプリケーション(ウイルスチェックソフトなど)を停止しておいてください。

    ※参考【再インストールをしたい。】

    「速攻!名刺管理」
    https://pac.mediadrive.jp/faq/index.php?action=artikel&cat=502&id=1945&artlang=ja
     
    「速攻!名刺管理2」
    https://pac.mediadrive.jp/faq/index.php?action=artikel&cat=816&id=4124&artlang=ja
              
     
     

最終更新: 2010-02-04 12:00

このQ&Aを印刷する このQ&Aを印刷する


このQ&Aはお客様の役に立ちましたか?

お手数ですが以下選択後、投票ボタンを押して下さい。

問題が全く解決出来なかった 1 2 3 問題が全て解決した