メディアドライブは高度な文字認識技術、音声/画像認識技術、人工知能(AI)技術をベースに、様々なソリューションをご提供します。

ページ内移動用のメニューです。



CSV形式のデータをインポートしたい。

他のアプリケーション(はがき作成ソフトなど)で作成されたCSVファイルがある場合、速攻!名刺管理に読み込むことができます。下記の手順をご覧下さい。

●操作方法

  1. フォルダツリーでインポート先のデータベースを選択します。
    フォルダツリー
  2. 「ファイル」メニューの「インポート」を選択します。「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
  3. 「ファイルの種類」を「CSVファイル」に設定します。
  4. ファイルの場所、インポートするファイルを選択して、「開く」ボタンをクリックします。「インポート」ダイアログが表示されます。
  5. 「フィールド、読み込み順の設定」リストを設定します。
      ・「フィールド、読み込み順の設定」に作成元アプリケーションがある場合…
       そのアプリケーション名を選択します。なおこの場合、以下で説明している
       対応づけの修正をする必要がありません。8に進んでください。
      フィールド、読み込み順の設定
      ・「フィールド、読み込み順の設定」に作成元アプリケーションがない場合…
       新しい名称を入力します。
      フィールド、読み込み順の設定
  6. インポートするファイルの項目(外部データの項目)と速攻!名刺管理項目との対応づけを確認します。項目は「F01」、「F02」・・・という記号で対応づけされており、「外部データの項目一覧」の「F01」は、「速攻!名刺管理項目一覧」の「F01」に設定されたフィールドに入ります。
     
    以下の例では、「速攻!名刺管理の項目一覧」の「氏名」と「外部データの項目一覧」の「伊藤博文」が「F01」で対応づけされています。このファイルをインポートした場合、速攻!名刺管理の「氏名」フィールドに「伊藤博文」が入ります。
     
  7. フィールドの対応づけが間違っている場合には修正してください。「速攻!名刺管理」からフィールド名をマウスで選択し、「外部データの項目一覧」から対応づけする項目のフィールド名を選択します。
    F03
  8. 「<設定」ボタンをクリックします。「速攻!名刺管理」の「対応づけ」が変更されます。
    対応付けの変更
  9. 対応づけを解除する場合には、「速攻!名刺管理の項目一覧」の「フィールド名」をマウスで選択して、「解除>」ボタンをクリックします。
    社名 F03解除ボタン社名
  10. 全ての対応づけが完了したら、「登録」ボタンを押し、現在の設定を保存します。
    フィールド、読み込み順の設定登録
  11. 「インポート」ボタンをクリックします。
    データが速攻!名刺管理にインポートされます。
    簡易表示レコード情報
     
     

最終更新: 2008-02-13 10:41

このQ&Aを印刷する このQ&Aを印刷する


このQ&Aはお客様の役に立ちましたか?

お手数ですが以下選択後、投票ボタンを押して下さい。

問題が全く解決出来なかった 1 2 3 問題が全て解決した