メディアドライブは高度な文字認識技術、音声/画像認識技術、人工知能(AI)技術をベースに、様々なソリューションをご提供します。

ページ内移動用のメニューです。



速攻!名刺管理2の再インストールをしたい。

動作がおかしい場合などで、再インストールする際の手順をご紹介します。
なお、再インストール前には、念のため、バックアップファイルを作成しておくことをお勧めします。      

  1. 既にデータを登録している場合には、速攻!名刺管理を起動し、データベースの保存場所を確認してください。保存場所を調べる方法は下記を参照してください。
    【データベースの保存場所を知りたい】
  2. 「マイドキュメント」→(「mediadrive」)→「速攻!名刺管理 User Data」フォルダを開き、「_AppData_」フォルダを右クリックし、「名前の変更」から「AppData_123」等に変更します。
    変更後、マイドキュメントを終了してください。
    ※AppData_は隠しフォルダになります。表示されない場合は、コントロールパネ
     ルの「フォルダオプション」→「表示」タブを開き、詳細設定項目内の「ファイルと
     フォルダの表示」を「すべてのファイルとフォルダを表示する」に設定して下さい。

    APPDATAフォルダの名前変更
  3. 設定ファイルの初期化
    ①以下のファイル(「smk02-InitEco.exe」)をダウンロードしてください。
    smk02-InitEco.exeのダウンロード(232KB)
    ②ダウンロードした「smk02-InitEco.exe」をダブルクリックしてください。
    ③「速攻!名刺管理2 設定初期化プログラム」ダイアログが表示されます。
      「初期化」ボタンをクリックしてください。 
      
    ④「設定を初期化しました」メッセージが表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。
     ※初期化できずにエラー情報が表示された場合、そちらのファイルを保存し、
      カスタマーサポートまでお問い合わせ頂けますようお願いします。
      
  4. 「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」から「速攻!名刺管理」を削除します。
  5. 速攻!名刺管理のインストール先フォルダを右クリックから削除します。通常のインストール先フォルダは「C:¥Program Files¥ymfpjs2」になります。
  6. 常駐ソフトを停止した状態で再インストールを行います。
    ①(Windows XPの場合)「スタート」→「ファイル名を指定して実行」
    (Windows vista/7の場合)「スタート」「アクセサリ」→「ファイル名を指定して実行」から「msconfig」と入力し、「OK」とします。システム構成ユーティリティが表示されます。
    ②「スタートアップ」タブを選択し、チェックボックスにチェックが外れている項目が
     あれば書き留めてください。
    ③「全般」タブの「スタートアップのオプションを選択」にチェックを付けます。
      また、「スタートアップの項目を読み込む」のチェックをはずします。
      システム構成ユーティリティ
    ④「適用」→「OK」をクリックします。
    ⑤パソコン再起動後、「速攻!名刺管理」のインストールを実行します。
  7. インストールが完了したら、再び「msconfig」で「通常スタートアップ」にチェックを入れ、常駐を元にもどしてください。その際に6-②で書き留めた項目があれば、「スタートアップ」タブで元に戻します。
    システム構成ユーティリティ
  8. パソコン再起動後、「速攻!名刺管理」を起動します。自動アップデートのダイアログが表示されたら、アップデータを実行し、最新の状態に更新してください。
  9. 設定を初期化したため、データベース登録が解除されています。「ファイル」メニューから「データベース登録の追加」を開き、データベース保存先にある、【~.ec9】ファイルを選択し、「開く」から登録し直してください。

最終更新: 2010-06-24 15:20

このQ&Aを印刷する このQ&Aを印刷する


このQ&Aはお客様の役に立ちましたか?

お手数ですが以下選択後、投票ボタンを押して下さい。

問題が全く解決出来なかった 1 2 3 問題が全て解決した