OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > 技術解説 > 新しい認識技術:OCRクラウドサービス
メディアドライブ OCRクラウドサービス

OCR クラウドサービス

当社は、さまざまなOCR技術をクラウドサービスとして提供します。
クラウドサービスプロバイダ向けには、Server構築向けのライブラリの提供だけでなく、当社のOCRクラウドサービスを利用することも可能です。文字認識や名刺認識などのクラウドサービスを利用することで、スマートフォンなどのアプリケーション開発も容易なります。

メディアドライブ OCRクラウドサービス 概要図


クラウドサービス向けライブラリ提供

当社のライブラリは、クラウド環境に最適なLinuxベースでの提供が可能です。
現在、提供可能なOCRライブラリは、以下の通りです。

OCRクラウドサービス向けライブラリ
1.活字文書OCRライブラリ for Linux
2.名刺認識ライブラリ for Linux
3.免許証認識ライブラリ for Linux


OCRクラウドサービス

当社のOCRクラウドサービスは、さまざまなプラットフォームへ提供可能な文字認識APIを用意しています。Windows環境だけでなく、Android,iOSへの対応も可能です。
OCRクラウドサービスをご利用いただくことで、モバイル端末側への文字認識エンジンや各種辞書ファイルといったプログラムの実装が不要なので、より軽快で高機能なアプリケーション開発が可能です。

OCRクラウドサービス 文字認識サービス イメージ図

OCRクラウドサービスを利用したアプリケーションサービス

1.文書変換クラウドサービス「WinReader Online」
「WinReader Online」は活字文書OCR機能と、認識結果を文書ファイルに変換する機能を搭載したクラウドサービスです。

2.名刺管理クラウドサービス「THE 名刺管理」
「THE 名刺管理」は、基本利用料0円(無料)の名刺管理サービスです。
無料のPCソフトウェア「THE 名刺管理 for Windows」や無料のモバイルアプリ「THE 名刺管理 for iOS」や「THE 名刺管理 for Android」をご利用いただくことで、様々プラットフォームで名刺管理が可能です。