OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > トピックス > 2016 > 名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」とキングジム社のデジタル名刺ボックス「ビズレージ」が連携

「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」と「ビズレージ」が連携

メディアドライブ株式会社
2016年5月24日

メディアドライブ株式会社(代表取締役社長:松村 博 本社:東京都中央区)の名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」が、株式会社キングジム(社長:宮本 彰 本社:東京都千代田区)が販売するデジタル名刺ボックス「ビズレージ(DNX100)」との連携に2016年5月24日(火)対応いたしました。


連携について

「ビズレージ」でスキャンした名刺画像をキングジム社が無料公開する連携用アプリ「DNFコネクター」を利用することで、「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」に転送することができるようになります。「DNFコネクター」は2016年5月24日(火)よりキングジム社公式サイトにて無料公開されます。

「ビズレージ」はフェアやセミナーなどの受付で受け取った名刺をデータ化するのに最適なスキャン機器です。名刺約15枚を連続で両面スキャンすることができ、本体メモリに約400枚の名刺画像を保存できるため、パソコンとすぐに接続できない場合や、接続したパソコンが起動していない場合でもスキャンが可能です。スキャン後の名刺は本体の名刺保存ボックスに最大800枚保存できるため、電源があれば「ビズレージ」だけで受付の名刺管理が可能です。

「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、スキャンした名刺画像を取り込み、名刺に記載されている氏名、社名、住所、メールアドレスなどを文字認識(OCR)することでテキストデータに変換し、項目別に自動振り分けすることで住所録データベースとして名刺情報を管理・検索できるほか、名刺データをCSV形式に出力し活用できる名刺管理ソフトウェアです。

「ビスレージ」と「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」を連携することで、収集した名刺を簡単にリスト化することができ、来場者へのフォローを素早く行うことが可能となります。
また「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、名刺管理クラウド「THE 名刺管理 手動訂正サービス(有償)」と連携しているため認識の確認や訂正の手間もかかりません。


お問い合わせ

◇報道関係の方のお問い合わせ先
メディアドライブ株式会社 営業部 パッケージ営業グループ
TEL:03-5541-9620 FAX:03-5541-9651 E-mail:pac-info@mediadrive.co.jp

◇読者の方からのお問い合わせ先
メディアドライブ株式会社 営業部 パッケージ営業グループ
TEL:03-5541-9620  https://mediadrive.jp

※ご使用に際してはソフトウェア使用許諾書に準じます。
※本商品は、第三者に対して、賃貸、貸与、販売、ならびに譲渡することはできません。
※Microsoft、Windowsは米国Microsoft Corporationの商標です。
※その他の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承下さい。
※記載された内容は2016年5月現在のものです。