システム・ソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、OCR製品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > トピックス > 2016 > 「帳票認識ライブラリ v.9.0」を提供開始

帳票OCR「帳票認識ライブラリ v.9.0」を提供開始

メディアドライブ株式会社
2016年4月26日

メディアドライブ株式会社(代表取締役社長:松村 博 本社:東京都中央区)は、Windowsアプリケーションやシステムなどに、手書き/活字帳票OCR機能を組み込むためのライブラリ「帳票認識ライブラリ v.9.0」を2016年4月26日より販売致します。

帳票認識ライブラリは、スキャナなどから取り込んだ帳票画像を、予め指定した帳票定義(テンプレート)に従い、帳票内から文字情報(手書き文字・活字)を抽出、テキストデータに変換するOCRライブラリです。認識結果は、予め指定された出力フォーマットのテキストファイル及び認識結果構造体に全角(シフトJIS)又は半角(ASCIIコード)で出力します。 (半角出力はテキストファイルのみ)

新バージョンでは、従来の定型帳票(行・列数/位置/大きさなどが一致する帳票)の認識技術では実現できなかった『不定型帳票(枠の数・位置・大きさなどが一致しない帳票)』に対応し、『財務諸表・源泉徴収票・レセプト・健康診断結果表』など同一種でレイアウトが異なる活字帳票の混在認識を実現しました。また、カメラ画像の入力に対応することで、スキャナを利用できない環境でもご利用いただくことが可能となり、さらに幅広いシーンでご活用いただけるようになりました。

本ライブラリをお客様の既存システムやソフトウェアに組み込むことによって、手書き文字や活字文字に対するOCR機能を容易に追加することができます。データエントリーからドキュメントを電子化するペーパーレスシステムまで、システムの機能アップを強力にサポートします。



■発売日・ラインナップ・価格

2016年4月26日(火)発売予定

商品名

定価

帳票認識ライブラリ v.9.0(活字・手書)開発キット

1,500,000円+税

帳票認識ライブラリ v.9.0(活字・手書)開発キット 年間保守サービス

225,000円+税

帳票認識ライブラリ v.9.0(活字・手書)ServerOS対応版 開発キット

2,200,000円+税

帳票認識ライブラリ v.9.0(活字・手書)ServerOS対応版 開発キット
年間保守サービス

330,000円+税


※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。
※本ライブラリを使用した商品の配布については別途ライセンス費用が必要となります。
※ライセンス(ロイヤリティー)価格については、当社営業担当へお問い合わせください。
※帳票に応じてオプション商品を別途ご用意しております。
(購入時には各オプションおよび商品の保守費用が別途必要です。)

【帳票認識ライブラリ オプション】
・ドロップアウト認識オプション / カラー分離認識オプション

※業務分析・企画段階の提案からシステム設計・構築、導入・設置、運用・保守に至るまで、各種支援サービスも別途ご用意しております。



主な新機能

1.不定型帳票に対応(活字)
従来の定型帳票(行・列数/位置/大きさなどが一致する帳票)の認識に加え、同一種でレイアウトが異なる活字帳票の混在認識に対応しました。従来のバージョンでは、設定ファイルと読み取り対象の行・列数/位置/大きさなどが一致しなければ認識することが出来ませんでしたが、新バージョンでは読み取り対象の項目名を設定することで、「行・列の増減」や「項目順序の入れ替わり」および「枠サイズ変化」に対応することが可能になりました。

<対応可能となる帳票例>
源泉徴収票・年金支払票・レセプト・処方箋・健康診断結果表・財務諸表・インボイス・ミルシート・住民票・登記簿など

※下記①~④の図は、帳票イメージです。イメージ図内の赤枠はOCR対象。黒枠はOCR対象の項目名です。

①行・列が増減する帳票
帳票認識ライブラリ 新機能

②項目順序が入れ替わる帳票
帳票認識ライブラリ 新機能


③枠サイズの異なる帳票
帳票認識ライブラリ 新機能


④項目名が異なる帳票
帳票認識ライブラリ 新機能


2.カメラ画像の読み取りに対応
スマートフォン、デジタルカメラにて撮影された帳票画像から、帳票の輪郭を検出して、切抜き・補正を行い認識します。※最大A4サイズまで対応。

3.カラー画像の認識精度向上(2値化性能の強化)
帳票認識ライブラリでは、カラー画像をOCR処理する場合、内部で2値化処理を行ってからOCR処理を行っています。今回、画像全体に一律に2値化閾値を自動決定する従来の2値化方式から、複数のエリアに自動分割して各エリアに最適な2値化閾値を自動決定する分割2値化処理方式を採用し、カラー画像の認識性能が向上しました。

4.専用の帳票設定ツールを標準で同梱
従来のバージョンではOCR設定用に、別途FormOCRが必要でしたが、本ライブラリに最適な専用の帳票設定ツールを標準で同梱しました。

■動作環境

対応OS Windows 10 Enterprise/Pro
Windows 8.1 /Enterprise/Pro
Windows 7 Enterprise/Ultimate/Professional/Home Premium/Starter
各日本語版に対応
※64bit版では32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7の XPモードでの動作は保証外となります。
対応OS
ServerOS対応版
Windows Server 2012 R2 Standard
Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2008 R2 Standard/Enterprise
Windows Server 2008 Standard/Enterprise
Windows 10 Enterprise/Pro
Windows 8.1 /Enterprise/Pro
Windows 7 Enterprise/Ultimate/Professional/Home Premium/Starter
各日本語版に対応
※クラスタサーバでの動作は保証外となります。
※64bit版では32bit互換モード(WOW64)で動作します。
※Windows 7の XPモードでの動作は保証外となります。
対応機種 上記OSが正常に動作する機種
開発環境 Microsoft Visual C++ 2008/2010/2012/2013/2015
Microsoft Visual C# 2008/2010/2012/2013/2015
動作メモリ 1GB以上(64bit版は2GB以上)
必要HD容量 500MB以上の空き容量
※データ保存用の空き容量が別途必要になります。
その他 ・アクティベーションを行うためにインターネット接続環境が必要です。
・インターネットに接続できない場合、インターネットに接続可能な別のパソコンを使って代理認証させることができます。
・USB 版コピープロテクタも別途ご用意しております。
制限事項 本ライブラリは同一プロセス内での非同期実行には対応していません (マルチスレッド呼び出し非対応) 。また、別プロセスからの呼び出しであっても、本ライブラリのインストールフォルダが同じ場所の場合は非同期実行には対応しておりません。

以下の環境では動作保証していません。
・HASP版によるリモートデスクトップ接続
・1つのPC環境で複数人が同時接続する場合
・商品に同梱される帳票設定ツールは、FormOCR、WinReader Hand S、WinReader p.Formと同じパソコン内では使用できません。


■お問い合わせ

◇商品に関するお問い合わせ先

メディアドライブ株式会社 営業部
TEL:03-5541-9630

※ご使用に際してはソフトウェア使用許諾書に準じます。
※本商品は、第三者に対して、賃貸、貸与、販売、ならびに譲渡することはできません。
※その他の記載された会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※市販のパッケージ商品とは機能や性能が異なります。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
※記載された内容は2016年4月現在のものです。
※商品の詳細については当社ホームページをご覧ください(2016年4月末公開予定)。