OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > トピックス > 2016 > 「OCR複数訂正システム v.3.0」を提供開始

「OCR複数訂正システム v.3.0」を提供開始

メディアドライブ株式会社
2016年9月26日

メディアドライブ株式会社(代表取締役社長:松村 博 本社:東京都中央区)は、帳票OCRソフトの拡張システム「OCR複数訂正システム」をバージョンアップし、2016年9月26日に発売いたします。

OCR複数訂正システムは、手書き/活字帳票OCRソフト「FormOCR※(別売り)」でOCR処理した帳票データを、ネットワーク上に存在する複数のクライアントPC上で確認・訂正を行い、CSVファイルに出力する「FormOCRの拡張システム」です。 複数のクライアントによる帳票データの確認・訂正を行うことが出来るだけでなく、専用スクリプト言語を用いて高度なデータチェックや出力が可能なため、大量のデータを効率的に処理するシステムの構築が実現できます。

OCR複数訂正システム 概要図


主な新機能

1.大量データに対応
データ処理量を拡大し、最大100万枚分までの画像データが取り扱い可能となりました。1日に5万件を超えるような大規模なデータエントリー業務にも運用することができます。

2.イベント処理の追加(表示帳票の変更/帳票ステータス変更/帳票削除)
新たにイベント処理を追加し、外部システムとの連携を強化しました。
例えば、帳票ステータスの変更情報を外部システムに渡すことで、外部システムから確認・訂正作業の進捗状況をチェックする仕組みなどを構築することが可能となります。

3.訂正モジュールのGUI改良
ユーザーの皆様からご要望の多かった以下のGUIを改良し、操作性・視認性を向上しました。
・色変更(帳票イメージ前景/帳票イメージ背景/訂正フィールド/認識結果)
・認識結果フォント変更(フォントの種類/サイズ)
・認識結果表示位置変更(上下左右9分割から選択)

■動作環境

【DBマネージャ(サーバー)】
対応OS ・Windows 10/8.1/7
・Windows Server 2012 R2/2012/2008 R2
各64bit日本語版に対応
※64bit版OSでのみ動作します。
※32bit互換モード(WOW64)で動作します。
データベース SQL Server 2014 Express SP1(標準搭載)
連携OCRソフト FormOCR v.6.5

【複数訂正モジュール(クライアント)】
対応OS ・Windows 10/8.1/7
・Windows Server 2012 R2/2012/2008 R2
各64bit日本語版に対応
※32bit互換モード(WOW64)で動作します。


※動作環境の詳細は、製品ページをご覧ください。

■お問い合わせ

◇商品に関するお問い合わせ先

メディアドライブ株式会社 営業部
TEL:03-5541-9630

※Windowsは米国Microsoft社の商標です。
※記載された会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
※記載された内容は2016年9月現在のものです。
※商品の詳細については当社ホームページをご覧ください(2016年10月頃公開予定)。