OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > トピックス > 2017 > 活字OCRソフトウェア「e.Typist v.15.0」が「一太郎2017」と連携

活字OCRソフトウェア「e.Typist v.15.0」が「一太郎2017」と連携

メディアドライブ株式会社
2017年2月13日

平素より弊社商品をご愛用いただき誠にありがとうございます。
活字OCRソフトウェア「e.Typist v.15.0」が、2017年2月3日発売の株式会社ジャストシステムの日本語ワープロソフト「一太郎2017」と連携いたしました。



連携について

「e.Typist v.15.0」は、印刷された書類や紙資料などの活字文書をスキャナなどで画像データとして取り込み、検索・編集可能なテキストデータに変換する「活字OCR」ソフトウェアです。


「一太郎2017」は、細かな書式の設定や縦書きへの対応などの機能が充実している株式会社ジャストシステムの日本語ワープロソフトです。


本連携において、スキャナでスキャンした紙原稿を「e.Typist v.15.0」で文字認識(OCR処理)し一太郎形式(*.jtd)で保存する事が可能です。また、ファイルに保存することなく認識結果を「一太郎2017」に転送できる「ワンタッチ転送」もご利用いただけます。これにより印刷物を素早く「一太郎2017」に取り込んで編集可能にすることが可能となります。


e.Typist v.15.0 一太郎2015 連携

連携対応「e.Typist」

e.Typist v.15.0 (58カ国語対応)
e.Typist NEO v.15.0(日/英 2カ国語対応)
※e.Typistとe.Typist NEOの違いは認識言語数のみです。


e.Typist v.15.0 パッケージ

連携対象「一太郎2017」

一太郎2017


一太郎2017 パッケージ

連携についてのお問い合わせ

メディアドライブ株式会社 営業部 第4営業グループ
TEL:03-5541-9620 FAX:03-5541-9651
E-mail:pac-info@mediadrive.co.jp


ご注意

※一太郎は、株式会社ジャストシステムの商標または登録商標です。
※その他の会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承下さい。
※記載された内容は2017年2月13日 現在のものです。