システム・ソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、OCR製品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > トピックス > 2017 > 「FormOCR v.7.0」を提供開始

帳票OCRソフト「FormOCR v.7.0」を提供開始

メディアドライブ株式会社
2017年3月29日

メディアドライブ株式会社(代表取締役社長:松村 博 本社:東京都中央区)は、帳票OCRシリーズのソフトウェアをバージョンアップし、2017年3月29日に発売致します。


FormOCR v.7.0 ロゴ

FormOCRは入学願書受付、健康診断結果票、勤務報告書入力、介護保険データ入力、会計伝票入力、生産履歴管理入力、本人確認のための免許証認識など、様々な業務のデータ入力で使用されている帳票認識ソフトウェアです。大量の帳票を自動的にOCR処理し、帳票イメージをテキスト化して取り出すことやイメージデータとして出力することができます。


FormOCR v.7.0 システム概要図

新バージョンでは、カメラ画像の入力に対応することで、スキャナが利用できない環境でもご利用いただくことが可能となりました。例えば、リアルタイムで帳票を集めることが困難な運用では、帳票原本の代わりに、対象帳票を撮影したデジカメ画像をサーバーに集めてテキストデータ化するなど、環境を選ばず、より迅速なデータ化が可能になりました。
また、新たに搭載したオプション機能「色指定2値化オプション」では、ドロップアウト機能を搭載している一部のドキュメントスキャナなどとの連携に限定されることなく、ドロップアウト帳票を認識させることが可能になりました。これにより、ハードに依存せず、複合機やスキャナでも黒枠帳票からドロップアウトカラー帳票まで、幅広い帳票を取り扱うことができます。


その他にも、自由手書き文字の認識精度向上や位置補正の安定化など基本性能の向上はもちろん、FormOCRの拡張ツールを標準で同梱するなど、さらに幅広いシーンでご活用いただけるようになりました。



発売日・ラインナップ・価格

2017年3月29日(水)発売予定

商品名

定価

FormOCR v.7.0

600,000円+税

FormOCR v.7.0 年間保守サービス

60,000円+税

FormOCR v.7.0 ServerOS対応版

1,600,000円+税

FormOCR v.7.0 ServerOS対応版 年間保守サービス

160,000円+税

色指定2値化オプション

300,000円+税

カラー分離認識オプション

200,000円+税

PDF読み込みオプション

30,000円+税


※オプション購入時には各オプションの年間保守費用が別途必要です。
※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。
※業務分析・企画段階の提案からシステム設計・構築、導入・設置、運用・保守に至るまで、各種支援サービスも別途ご用意しております。



主な新機能

1.カメラ画像の読み取りに対応
複合機やスキャナでスキャンした帳票画像の他、新たにスマートフォン、デジタルカメラにて撮影された帳票画像のOCR処理に対応しました。カメラ画像から帳票の輪郭を検出して、切抜き・補正を行い認識します。
※最大A4サイズまで対応。
FormOCR v.7.0 カメラ画像認識

2.色指定2値化オプション
帳票設定時に指定した色を、白色または黒色に変換する2値化処理が可能になりました。複合機などハード側でドロップアウトができない場合でも、ドロップアウト帳票のOCRができます。
FormOCR v.7.0 ドロップアウト帳票認識

3.自由手書きの「氏名/住所」認識精度向上
「姓名/住所」の自由記入欄への認識精度が大幅に改善しました。
FormOCR v.7.0 手書き文字認識 氏名 住所 認識精度向上

4.ドロップアウトカラー認識オプションを標準搭載
従来バージョンでは有料オプションだったドロップアウトカラー認識オプションを標準で搭載しました。スキャナ側でドロップアウトが可能な場合は、標準機能だけでドロップアウト帳票のOCRができます。

5.便利な拡張ツールを標準同梱
FormOCRをさらに便利に活用できる拡張ツールを標準で同梱しました。

①帳票自動分割ツール
FormOCR に登録した帳票レイアウト毎にPDFファイル化して分割できるツール。マルチページ画像の分割や指定フォルダの振り分けを自動で行いたい場合に有効。指定項目の認識結果をファイル名に付与してPDFファイルで保存することが可能。

②複数JOB監視ツール
FormOCRで複数のJOBを監視して実行することができるツール。複数のフォルダを監視したい場合や処理の自動化を行う場合に有効。

③帳票定義内容コピーツール
帳票定義ファイルの情報を別の帳票定義ファイルにコピーするためのツール。帳票レイアウトに変更があった場合や帳票定義の解像度を変更する場合に有効。

④帳票定義内容出力ツール
帳票定義の内容を出力できるツール。設定内容の確認や設定のドキュメント化を効率的に行うことが可能。



動作環境

対応OS Windows 10 / 8.1 / 7 各日本語版に対応
動作メモリ 2GB以上
対応スキャナ TWAIN規格ドライバで動作するスキャナ
その他 アクティベーションを行うためにインターネット接続環境が必要です。インターネットに接続できない場合、インターネットに接続可能な別のパソコンを使って代理認証させることができます。
USB版コピープロテクタも別途ご用意しております。


スペック

帳票サイズ スキャン画像:最大A3サイズ
カメラ画像 :最大A4サイズ
対応対象文字 【手書】漢字/ひらがな/カタカナ/数字/英字/記号
【活字】漢字/ひらがな/カタカナ/数字/英字/記号/機種依存文字の一部
【バーコード】JAN8/JAN13/ITF/CODE39/CODE128/NW-7/カスタマバーコード/QR
【その他】マークチェック
入力ファイル形式 BMP、TIFF(非圧縮・G3・G4圧縮・LZW圧縮/マルチ・シングル)、JPEG、PDF*
*PDFの読取は、PDF読み込みオプションが必要です。
解像度/画像サイズ スキャン画像:200/300/400/600dpi(QRコードは400dpi以上を推奨)
カメラ画像 :500~3500万画素
出力ファイル形式 CSV形式、TEXT形式


お問い合わせ

◇商品に関するお問い合わせ先

メディアドライブ株式会社 営業部
TEL:03-5541-9630

※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
※その他記載された会社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
※記載された内容は2017年3月現在のものです。予告なく変更することがありますので予めご了承ください。
※商品の詳細については当社ホームページをご覧ください(2017年4月頃公開予定)。