システム・ソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、OCR製品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > トピックス > 2017 > 名刺管理ソフトウェア「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」がクラウド型営業支援システム「GrooForce」と連携

「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」が「GrooForce」と連携

メディアドライブ株式会社
2017年3月13日

メディアドライブ株式会社(代表取締役社長:松村 博 本社:東京都中央区)は、名刺管理ソフトウェア「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」において、株式会社アスペックス(代表取締役社長:吉田 一也 本社:東京都港区)が提供するクラウド型営業支援システム「GrooForce」との連携を2017年3月27日より開始いたします。


「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」について

名刺管理ソフトウェア「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、クライアント用Windows OSにインストールする買い切り型のパッケージソフトウェアです。
イメージスキャナもしくは複合機のスキャン機能を使用して名刺の画像を取り込み、OCR(文字認識)で名刺情報をテキスト化、氏名、社名など各項目に自動で振り分け、名刺画像も含めた顧客データベースを作成します。また、インストール型のパッケージソフトでは初めての、独自クラウド訂正サービス(有償)の利用が可能です。

「GrooForce」(グルーフォース)について

「GrooForce」は株式会社アスペックスが開発販売するクラウド型営業支援システム(CRM/SFA)です。
顧客情報を営業の売上アップに最大限活用できるだけでなく、営業マンを育てる行動プロセスの設定機能を搭載した次世代型の営業支援システムです。
情報共有の基本である、スケジュール管理から利用を開始し、顧客管理、プロセス管理と、活用の幅を広げることができる柔軟性を持っています。また、パソコンからだけでなく、携帯電話から利用できることも特徴です。

GrooForce画面

>>「GrooForce」商品ページURL: http://www.grooforce.com/

連携について

本連携において「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」を、「GrooForce」の名刺入力ツールとしてご活用いただけます。
これにより名刺情報入力の手間を削減でき、営業による特記事項の入力に集中することができるため、顧客情報の充実したCRM/SFAの構築を実現します。
また名刺データベースを「GrooForce」で管理することで、名刺管理ソフトウェアだけではできない拠点が離れた事業所でも名刺情報を共有することが可能となります。

連携方法は、「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」の操作ツールバーに連携ボタンが追加され、1クリックで転送が完了します。
情報管理は「GrooForce」で行うため、「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」は、SFAへの名刺データ入力ツールとして各拠点に1ライセンスずつご用意いただくだけで運用可能です。このため名刺データ入力のランニングコストは訂正処理のみに押さえることができます。
名刺登録枚数が多い場合は、市販のドキュメントスキャナを利用することが可能です。ドキュメントスキャナを利用することで、約30枚の名刺をまとめてセットし、名刺の表面と裏面を同時に連続で1枚約1秒程度の高速でスキャンする事が可能となり、初期導入時のデータ構築も素早く行えます。
GrooForce連携

商品についてのお問い合わせ先

◇「GrooForce」に関するお問い合わせ先
株式会社アスペックス
営業担当 西川
TEL:03-4455-3230 FAX:03-5460-2951
E-mail:sfa-support@aspex.co.jp
株式会社アスペックスロゴ

◇「やさしく名刺ファイリング PRO v.14.0」に関するお問い合わせ先
メディアドライブ株式会社
営業部 第4営業グループ
TEL:03-5541-9620 FAX:03-5541-9651
E-mail:pac-info@mediadrive.co.jp

ご注意

※「GrooForce」は株式会社アスペックスの提供するサービスです。
※記載された内容は予告なく変更することがありますので予めご了承下さい。
※記載された内容は2017年3月現在のものです。
※商品の詳細については両社のホームページをご覧ください。