OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > 導入事例 > 和洋国府台女子高等学校様

導入事例:和洋国府台女子高等学校様

和洋国府台女子高等学校様では、教職員の方々が生徒の意見・希望を把握する手段としてアンケートを積極的に活用しています。 今回、OCRによるアンケートの集計処理により、迅速にアンケート情報を活かし、よりスピーディに教育現場への情報反映が実現されています。


教育現場における多種多様なアンケートや記入用紙への対応が課題でした。

教育現場にて実施されるアンケートや記入書類は、志望校調査や希望受講科目など多種多様です。また、その内容は学年別、クラス別に応じて修正も頻繁に発生する為、専用機や固定的な帳票の利用では、時間やコスト面の問題により導入を見合わせていました。

しかし、インターネットで検索・情報収集したところメディアドライブの「FormOCR」が短時間・低コストにて可能なシステムではないかと、改めて導入への検討が始まりました。


帳票の作りやすさと信頼のある認識精度が導入の決め手となりました。

「FormOCR」は「一太郎」や「Excel」などのソフトで帳票設計が可能であり、固定帳票のように大量印刷を必要とせず、コピー用紙を利用でき、ランニングコストが抑えられる点が導入の決め手となりました。

また、読取時には専用機でなく市販のイメージスキャナや複合機を活用することで、初期導入コストも抑えることができました。もちろん、OCRの基本性能である認識精度についてもシステム導入における重要な要素となりますが、「FormOCR」は期待通りの認識精度を確保しています。


教員・部署を問わずOCR利用での入力作業の軽減と書類の電子化を進めています。

普段から利用しているソフトで帳票を作れる点から専門的な知識を必要としないので、私以外の教職員や他部署の職員においても「FormOCR」を利用したアンケートや記入書類の作成を始めています。今後は学校全体で進路指導、入試対策など、様々な用途での活用を計画しています。

また、今回「FormOCR」と合わせて導入したスキャナ「富士ゼロックス DocuScan C4250」の処理速度や使いやすさにも満足しています。付属ソフト「DocuWorks」を活用し、電子文書と紙文書の一元管理を進めています。特に書類の検索機能はとても重宝しております。

導入イメージ


ご注意

※「一太郎」は株式会社ジャストシステムの登録商標(商標)です。
※「Microsoft Excel」は、米国Microsoft Corporationの、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

導入法人プロフィール

和洋国府台女子高等学校

〒272-8533
千葉県市川市国府台2-3-1
進路指導部長 増山 正憲様