メディアドライブ製品を活用されて実際のビジネスに役立ているユーザー様をご紹介しております。



HOME > 導入事例 > 日本社会事業大学様

導入事例:日本社会事業大学様

日本社会事業大学様では、「大学経営・事務総合ソリューション」システム導入により、学生サービス・教職員サービスの向上を実現されています。


システム概要

入学願書のデータエントリーの効率化により、短期間に集中する入試業務(受験票発行、受験者一覧表などの作成、試験採点処理、合否判定など)を強力にサポート。さらに、成績採点簿など様々な帳票のデジタル化により、業務の効率化を実現しています。
また、株式会社電翔製「Active Academy」とのシステム連携により、入試情報および教務事務システムをそれぞれ構築し、データの共有化を実現しています。
システム概要図
大学経営・事務総合ソリューション 概要図

導入までの背景

日本社会事業大学様では、志願票の受付登録処理において、手作業によるデータエントリーを実施していました。入学試験の性格上、短期間に大量の処理業務が発生することから、人海戦術による作業を余儀なくされ、この作業の効率化、システム化(コストダウン、正確性確保等)の実現を望まれていました。
また、大学における事務業務は、学生や教員、行政、法人など多岐にわたる関係者に対して行われ、年々サービス・レベルの向上を要求されてきており、事務業務は増加し続けるなか、大半の事務作業は紙ベースの手作業で行われ、事務職員の業務量が限界に近づきつつありました。この点においても早期改善を望まれていました。
こうしたなか、入試関連の管理運用において、事務職員の負担軽減を実現し、早期に人的資源の有効活用を図りたいというのが、システム化へのきっかけでしたが、多くの学事業務のシステム構築は受託開発となり、コストも時間もかかることが多く、なかなか導入検討が進まなかったところに、安価で導入も短期に実現可能なパッケージ製品(当社製「帳票OCRソフトウェア FormOCR」株式会社電翔製「学務システム Active Academy」)が、日本社会事業大学様で必要とされる業務にマッチしていたことから、本製品を選択されました。また、それぞれソフトウェア・システムの開発元であることから、トラブル等があった際、迅速な対応が受けられる点も評価されました。

導入後の効果

志願票の受付登録処理におけるデータエントリーの効率化を実現し、入試関連の業務をシステム化することで、入試に付随する受験票作成や分析資料の作成も容易に実施可能となり、事務職員の作業量を3割程度削減、処理時間も短縮することができ、結果、入試関連業務に集中せざるをえなかった期間に業務配分の調整が可能となりました。
また、新たに導入した学務システムにより、カリキュラム管理や履修管理などのデータ活用の場面が広がり、学生や教員の要望にも応えられるようになりました。
今回のシステム導入により、今後も増加する要望の多様性に対応し、より付加価値ある高度なサービス・レベルを実現する環境を整えることができました。

導入後の効果

導入法人プロフィール

学校法人日本社会事業大学

東京都清瀬市竹丘3-1-30
http://www.jcsw.ac.jp/