OCRソフトウェアメーカー「メディアドライブ株式会社」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をご提供いたします。



HOME > 導入事例 > 敬愛大学様

導入事例:敬愛大学様 志願票受付システム

敬愛大学様では、OCRシステムの導入により、年々増加する選択科目やカリキュラムにフレキシブルな対応を可能とし、志願票受付やテスト採点など学事業務の効率化を実現されました。


システム概要

OCRを利用した志願票受付システムの導入により、入学願書のデータエントリー業務の効率化と、短期間に集中する入試業務(受験票発行、受験者一覧表などの作成、試験採点処理、合否判定など)の迅速化を実現しています。さらに、多種多様な帳票へ柔軟に対応できるシステム特性を活かし、入試課で利用しているオープンキャンパス参加票や学校見学アンケートなどの帳票や修学支援室で利用しているテスト答案用紙、採点簿登録など様々な帳票のデータエントリーの効率化を実現し、学内に点在するデータの一元化を実現しています。

志願票受付システム

導入までの背景

敬愛大学様では、従来、志願票の受付業務にOMR(マーク専用機)を活用されていましたが、そのハードウェアの老朽化に伴うリプレースのタイミングで、新たなOCRシステムの導入を検討されました。新システム導入に際して重要視していたポイントは、学内で多重管理されている情報(データ)の一元管理と多様性に富んだデーターエントリーシステムの構築でした。FormOCRは、OMR(マーク専用機)よりも、ハード・ソフトの両面において汎用性に優れており、ハード面では、複合機、ドキュメントスキャナーなど汎用製品の活用によるローコスト化を実現し、ソフト面では、運用している帳票の学内作成による迅速化を実現することで、学事業務全体での効率化を図れる点が評価されました。

導入後の効果

リプレース前に利用していたOMR(マーク専用機)では、帳票がマークシートであった為、志願票の内容変更の対応が容易ではありませんでしたが、FormOCRの導入により、以前まで利用していたマークシートと異なり、Excel等の市販ソフトウェアで帳票が作成できる為、より帳票の自由度が高く、毎年の帳票変更に対して臨機応変に対応が可能となりました。更にOMR(マーク専用機)に比べ、手書き文字の対応など細かい情報を取得する事ができ、志願票受付業務の効率化が飛躍的に進みました。また、現在、入学願書の受付業務以外にOCRシステムを活用することで、学内に点在するデータのデジタル化を効率良く実施し、学内情報の一元管理を進めています。

導入法人プロフィール

敬愛大学

東京都千代田区神田神保町3-2-7 第3東ビル7F
マーケティング部1課 大槻様