文書OCR

全文フリーワード検索を可能にする高精度活字文書OCRエンジン搭載

文書OCR(活字文書OCR)

 

高精度活字文書OCRソフトウェアの活用により、企業内に大量に存在する紙文書の電子化を迅速・的確に行ない、様々な目的に活用することができ知識や情報を資産として再活用できるよう強力にサポートします。オフィスに氾濫する膨大で且つ様々な紙文書をデジタルデータに変換します。活字文書OCRソフトウェアは、こららのデジタルデータの全文フリーワード検索を実現します。社内のあらゆる情報はデジタルデータとして一元管理が可能になり、ペーパーレスソリューションに貢献します。「専門書・学術書」「新聞・雑誌」「教科書・問題集」をワード文書化や「仕様書・マニュアル」「契約書・業績表」など資産価値の高いドキュメントをPDF化等、様々な用紙がOCR活用されています。

文書OCR 概要図

 

文書OCR(活字文書OCR) 製品ラインアップ

業務用文書OCRソフト WinReader PRO   WinReader PRO
文書OCRソフト「WinReader PRO」は、オフィスに氾濫する膨大で且つ様々な帳票や文書をデジタルデータに変換し、それらを活用するための全文フリーワード検索を可能にする高性能な業務用ソフトウェアです。 国内最高峰の認識精度と豊富な機能やオプションにより、大量文書の電子化を効率的に支援します。「専門書・学術書」「新聞・雑誌」「教科書・問題集」「仕様書・マニュアル」「契約書・業績表」など資産価値の高いドキュメントはもちろん、「営業報告書」「事業報告書」「総会議事録」「取締役会議事録」「定款」「組合員名簿」「議決権行使書」「規約等」など保管を目的とするドキュメントの管理にも対応します。
 
文書分類ソフトウェア e.Document Sorter   e.Document Sorter
文書分類ソフトウェア「e.Document Sorter」はスキャナやFAX(複合機)などでスキャンされた入力画像とモデル登録された文書や帳票のレイアウト(罫線、文字、バーコード情報)を照合し、その結果により自動分類することができます。識別には、罫線、文字(OCR結果)、バーコード/QRコードの情報を利用することができますので、領収書、請求書、申請書、報告書、議事録、契約書、注文書などの様々なフォーマットの識別に対応します。
 
活字文書OCRライブラリ   活字文書OCRライブラリ
活字文書OCRライブラリは活字文書の画像に対して文字認識を行い、認識した文字コードを出力するライブラリです。活字文書OCRライブラリを使いますと、お客様のソフトウェアや業務システムなどに高精度なOCR機能を追加することができます。

文書OCR(活字文書OCR)活用ソリューション

文書比較ソリューション

 

 

文書比較ソリューションは、印刷された契約書やマニュアルなどをOCRし、別の文書と比較・差分抽出します。電子的に比較を行うことで、目視作業よりも、作業時間の短縮が見込めます。実際の比較に際して補助的な役割を果たす各種比較機能及び比較結果出力機能の充実を図り、操作性の向上を目指し、「簡単」に比較操作を実施、「容易」に相違点を判別、「お手軽」に比較結果を保存できます。

文書比較ソリューション 概要図

 

 

文書校正ソリューション

文書校正ソリューションは、国内最高峰の高精度活字文書OCRと高度な校正ソフトを組み合わせ、迅速かつ正確な文書作成を支援します。電子的に比較を行うことで、目視作業よりも、作業時間の短縮が見込めます。高度な形態素解析エンジンを搭載し、日本語の文法や単語の情報を素早くチェック。誤っている疑いがある箇所は色分けしてピックアップします。高度な校正支援エンジンを実現するためには形態素の蓄積データが必要となりますが、形態素をまとめたデータを「辞書」として定期的にお客様に提供しています。辞書は、基本辞書、共同通信社 記者ハンドブックとユーザ辞書の3つで構成しています。

文書校正ソリューション 概要図

 

文書OCR(活字文書OCR)各種文書例

 

 

専門書・学術書・新聞・雑誌・教科書・問題集・仕様書・マニュアル・契約書・業績表・営業報告書・事業報告書・総会議事録・取締役会議事録・定款・組合員名簿・議決権行使書・規約等・・・

文書OCR 文書サンプル

文書OCR(活字文書OCR) 導入事例

 

文書OCRがビジネス現場で有効に使われている実例を参考に、ぜひあなたの業務にも文書OCRを活用してください。
ユーザー導入事例は こちら

【文書検索】

業種 法律事務所
概要 日々発生し続ける紙文書の電子化を容易にするため、OCR処理を利用した文書管理システムを構築。
導入効果 全文フリーワード検索(文書検索)が可能となり、オフィスに氾濫する膨大で且つ様々な紙文書の一括管理が容易に。
システム特徴 フォルダ監視機能搭載、複合機と連携し自動認識処理を実現。
 

【文書管理システム】

業種 大学内メディアセンター
概要 教育研究用ドキュメントのデータベース作成にOCR処理を活用し、ドキュメントの適切な検索性を確保。コンピュータ端末によるメディアセンターを創設し、教員・講師・学生の教育、研究の目的で利用。
導入効果 大量の画像データに対してOCR処理を行ない、それぞれのデータに透明テキストを付帯させることで、文書検索・再利用が容易に。
システム特徴 画像データ内のテキスト部分の全文検索のみならず、文書の表紙イメージをサムネールで表示することで、文書の内容を確認しながら直感的にドキュメントを検索できるインターフェースを装備。
CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。