マイナンバーカードOCRライブラリ for Linux

マイナンバーの取得・取集をOCR処理により自動化し、業務の効率化を実現します。

マイナンバーカードOCRライブラリ for Linux

マイナンバーカードOCRライブラリ for Linux は、スキャナや複合機はもちろん、スマートフォンのカメラで撮影したマイナンバーカードをOCR処理してテキストデータに変換することができるライブラリです。認識エンジンは、カメラの撮影環境の変化に対応した画像処理技術と高精度なOCRエンジンを搭載しています。カメラで撮影した画像からカード部分だけを自動でトリミングするだけでなく、カメラ撮影時にみられる歪み等を自動で補正してから認識することができます。認識対象となるカードは通知カードおよび個人番号カード表裏の3種類に対応しています。

マイナンバーカードOCRライブラリ システム概要図

高精度なマイナンバーカード用OCRエンジン搭載

一般文書、名刺や免許証など様々な用途で実績のある高精度な日本語活字認識エンジンを、マイナンバー用に特化させて搭載。 またスキャナや複合機の画像の対応はもちろん、スマートフォン画像に対応しているため、カメラの撮影環境の変化に対応した画像処理技術を搭載しています。カメラで撮影した画像からカード部分だけを自動でトリミングしたり、カメラ撮影時にみられる歪み等を自動で補正してから認識することができます。
※カード部分をトリミングする機能は、カード部分とそれ以外の背景の色が同じ場合など、撮影条件等によって正しく処理できない場合があります。

マイナンバーカード OCR 画像処理


通知カード、個人番号カードの表面、裏面の3通りの認識に対応

国民全員に対してマイナンバーを通知するために自治体から書面で送付される通知カードおよび本人の申請により自治体から交付されるマイナンバーカード(表裏)の読み取りに対応。

マイナンバーカード サンプル(通知カード・個人番号カード)


姓名辞書/住所辞書を標準搭載

住所項目の認識は、辞書を利用した知識処理により精度を向上。
姓名辞書を利用した姓名の分割、および、フリガナの取得に対応。


個人番号のチェックデジット機能

個人番号の誤読や捏造を防止するチェックデジット機能を搭載。


画像出力も可能

カード部分を切り出した画像をJPEG/PNG/TIFF/Bitmap形式のファイルに出力可能。


マスキング機能

特定個人情報(個人番号)、顔写真、身分証不要情報(性別、臓器提供意思)等、画像の任意箇所をマスクすることが可能。

 

価格

マイナンバーカードOCRライブラリ for Linux 開発キット 定価 900,000円 + 税
マイナンバーカードOCRライブラリ for Linux 開発キット 年間保守サービス 定価 180,000円 + 税

※年間保守サービスは必須となります。商品購入時にお申し込みください。
※本ライブラリを使用した商品の配布については別途ライセンス費用が必要となります。
※税額は商品引き渡しおよび役務の提供時における税率に基づいて算出される税額となります。
CONTACT
お問い合わせ
製品やサービスなど、
こちらよりお気軽にお問い合わせいただけます。