OCRソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > 商品情報 > ソリューション > FAX-OCRソリューション
FAX-OCRソリューション

FAX-OCRソリューション

「FAX-OCRソリューション」はFAX(家庭用ファックスも可能)から送られた、注文書や申込書などの手書き伝票を自動でOCR(文字認識)入力します。データ入力のミスや工数を減らし、円滑なワークフローと人件費の削減に貢献します。
手書き帳票OCRソフトウェア【FormOCR】と画像補正/ファイル配信ソフトウェア【イメージマネージャ for FAX-OCR】を組み合わせてご利用いただくことで、FAX-OCRシステムが構築できます。


FAXで送られてきた「注文書」や「勤怠表」などをOCR(文字認識)処理で自動入力!

「FAX-OCR システム」はFAX(家庭用ファックスも可能)から送られた、注文書や勤怠表などの手書き伝票を自動でOCR(文字認識)処理し、CSVやテキストデータに変換します。 データ入力のミスや工数を減らし、円滑なワークフローと人件費の削減に貢献します。

勤怠管理ソリューション
人材派遣業等にお勧めです。事務用FAX機はもちろん家庭用FAX機での運用が可能な為、派遣先の環境を選びません。本社や事業所などで受信された勤怠表は認識処理により、汎用性の高いCSVファイルに変換されるので、既存勤怠管理システムとの連携がスムーズに行えます。
 
受注業務ソリューション
24時間365日受付OK !簡単操作のため、専門の技能や経験も不要です。自動認識処理により、ピーク時の増員などの必要はありません。また、論理チェック・コード辞書処理等によりオペレータによる入力ミスを防ぎ、受注業務の精度向上に大きく貢献します。
 
作業(営業)報告ソリューション
業務において発生する様々な報告書、これらのデータエントリーを効率的に実現します。報告書(OCR帳票)はワープロ作成できるため, 事業ごとに様式が簡単に変えられます。また、帳票の出力設定においても専門知識は不要です。どなたでも簡単に設定できます。


FAX-OCRシステム構築例

処理の流れ
FAX機(家庭用ファックスも可能)から注文書・勤怠表などを送信
▼ ▼ ▼
複合機・FAXサーバーで受信
▼ ▼ ▼
OCR(文字認識)処理
▼ ▼ ▼
お客様の既存システム(販売管理・給与管理ソフトウェアなど)へ出力(CSV・テキストなど)

FAX-OCRシステム構成図

サンプル帳票

今までの帳票設計は難しく、SEが設計・作成し期間と費用がかかりました。
「FAX-OCR システム」ではExcelなどの市販ソフトで簡単に帳票を作成することができ、時間もコストも大幅に削減することができます。帳票作成に特殊な専用紙を必要としません。
普通紙が使用できるので従来の専用帳票にくらべコストもかからず、変更も簡単、手軽に帳票を作成することができます。


商品特長

・高精度OCRエンジン搭載による高い認識率
OCR専門メーカーとして、最高水準の文字認識精度を実現。
標準機能で漢字・かな・カナ・英数・記号の認識ができます。

・OCR専用紙は不要、帳票はExcel等で作成可能
専門家による設計は不要。業務内容や取引先ごとに様式を簡単に変更できます。
普通紙対応だから複合機などオフィス内で、帳票の印刷ができます。

・専用端末は不要、ローコストでの導入が可能
業務用FAX機はもちろん、家庭用FAX機の使用もOK!専用の端末は必要ありません。

・入力確認や修正、データ出力は簡単に実現
帳票イメージの上に認識結果が表示され、ワープロ感覚で簡単にデータ修正が可能です。

・既存業務/システムへの連携が容易
アプリケーション内の各機能は実行ファイル形式で起動可能です。
ご使用のシステムとの連携が容易に行えます。

メリット・導入効果

・人件費の節約・空き時間の有効活用に!
・365日24時間受付処理が可能に!
・帳票記入からデータ処理までの時間を大幅に短縮!
・入力精度の向上に!
(人による転記ミスや読み間違いを防止! 論理チェックによる正確なデータ入力)
・印刷コスト・検索コストが削減!
(紙の節約、検索が容易)

導入事例

食品メーカー 受注業務
概要 FAXより受信した注文書に対し、FAX画像補正処理・手書きOCR(文字認識)処理を行い結果を「補正画像格納フォルダ」「認識結果フォルダ」「FAXオリジナルファイル格納フォルダ」に振り分けて保存する。
導入目的 1.注文書データ収集の効率化。
2.結果ファイルを用いての訂正処理の簡略化。
システム
特徴
1.定期的にFAXイメージの有無を監視しスピーディな処理を実現。
2.決められたプログラム終了ファイルを使用する事で、他のマシンからプログラムの終了が可能。


人材派遣会社 勤怠管理業務
概要 派遣社員が、それぞれの勤務時間を勤怠表へ記入。派遣先管理者の承認後、派遣先よりFAXにて送信されてきた画像データを事業所FAX サーバにて受信。そのままPC内でOCR(文字認識)処理を行ない、既存の給与管理ソフトへデータ出力。
導入目的 1.365日24時間、FAXによる自動受付の実現。
2.締め日等のピーク時における業務負荷の解消。人材の有効活用。
システム
特徴
1.365日24H、FAXサーバーの受信画像を常時監視。
2.画像受信時に即時に認識処理を行ない、給与管理ソフトへ反映。
3.帳票の受信データは控えとして画像データのまま保管。


文具メーカー 受注業務
概要 FAXより受信した発注書に対し、画像補正処理・手書きOCR(文字認識)処理を行い、処理結果をデータベースサーバに入力させる。
導入目的 1.発注書データ収集の効率化。
2.画像イメージファイリング化。
システム
特徴
1.定期的にFAXイメージやOCR結果の有無を監視し、スピーディな処理を実現。
2.レイアウトの異なる帳票の認識も、自動判別を実現。


化粧品メーカー 会員登録業務
概要 FAXサーバで受信した帳票をOCR(文字認識)処理し、補正したイメージをデータサーバに保存する。認識エラーの帳票はプリンタに印刷される。また、帳票に返送先FAX番号が記入されていた場合は正常認識した枚数を自動返信する。
補正された帳票は確認端末で訂正作業および後処理プログラムによる論理チェックが行われ、データサーバに登録される。確認端末では、郵送などで届いた帳票をスキャナから処理する事もできる。
相手先に確認が必要な帳票は保留画像フォルダに格納する運用をしている。
導入目的 1.受付業務の効率化。
2.帳票データの電子化。
システム
特徴
1.着信返信機能を搭載。
2.必須項目をシステム側でチェックする為、人為的な確認ミスを低減。


機器メーカー 保証書発行・顧客管理業務
概要 約2000店舗にて売上時、その場で顧客に申込書を記入いただき、その店舗からメーカーにFAX。その後保証書発行。
休日明けに集中していた作業を365日24時間対応に変更。
導入目的 1.データ入力の省力化
2.保証書発行の迅速化(翌日発行可能となった)
3.顧客の購買動向の収集、分析の強化(タイムリーな情報入手により販売戦略立案も強化)
システム
特徴
1.顧客にあたる販売店側のFAXをそのまま利用できた。
2.氏名(漢字)の認識率が運用可能なレベルであった。


衣類卸売業 売上報告
概要 店舗(約700店)から、売上報告を本部に送信。本部では基幹システムに入力を行う。
導入目的 1.データ入力の省力化(1名体制が可能となった)
2.入力業務の簡素化 (チェック作業中心、熟練度を要さず作業が可能になった)
システム
特徴
1.入力処理のスピードアップ
2.入力ミス50%削減
3.入力処理のペーパレス化