OCRソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > 商品情報 > ソリューション > 受注処理OCRソリューション
受注処理OCRソリューション

受注処理OCRソリューション(FAXオーダーエントリーシステム)

FAXから送られてきた受注伝票の入力を、自動的にOCRを使用し、効率的良いデータエントリーシステムを構築できるOCRソリューションです。受注伝票を自動的にOCR処理を行ない、認識結果をCSVデータとして保存、品番や数量、金額などのデータを既存システムへ出力。FAX受注業務において、入力作業の効率化と高生産性を図り、データエントリーの費用削減に貢献します。また、同時に伝票の画像データを保管することで、保管スペースの削減、問い合わせ対応の迅速化が図れます。


概要

受注業務におけるデータ入力の効率化と、電子化による文書管理システム構築を実現します。

  1. ・オリジナル注文書の認識が可能。専用帳票が不要のため普通紙による用紙コストダウンが図れます。
  2. ・電子ファイル化されるので効率的な保管・管理が可能。紛失、漏えいの危険性もなくなります。
  3. ・いつ、どの書類が入力されたかの履歴が見れるので、内部統制にも対応可能です。
  4. ・取込帳票のPDF化が可能、端末上にて入力データと申込原本(画像)の一元管理が容易です。
  5. ・注文書のエントリー業務のアウトソーシング可能なシステム提供を行えます。
  6. ・データ手入力が不要のため人件費削減。
  7. ・チェックや訂正に専門知識や経験は不要。


メリット・導入効果

・FAXを利用した、効率的な受注伝票のデータエントリシステムを実現FAX受信した受注票を印刷することなく、そのままOCRの認識結果と受注票のイメージが表示された画面を見ながら、データを確認し、既存システムへデータ出力できるので、生産性の高いデータエントリーシステムが構築できる。
・問い合わせ対応の迅速化、保管スペースの削減、環境保全にも対応OCR認識と同時に受注票の伝票番号とそのイメージデータ(画像)を自動的に紐付けし、システムサーバへデータ保存。大量に発生する受注票であるFAX用紙を出力せず運用できるので、伝票保管スペースの削減、環境保全への貢献、問合わせに対する検索性も向上、運用コストの削減が図れる。

特長

・高性能認識エンジンを搭載。手書き文字に対応できるため、従来通り、お客様側の手を煩わすことなくFAX受注が実現できます。
・紙の受注票がそのまま画面内に表示されますので、オペレータは違和感なく容易に確認・修正が可能です。
24時間365日受付の運用であっても、FAX受信時に受注票をイメージデータで保管するため、受注票の紛失や個人情報漏えいの危険性が回避可能です。

導入事例

業種 受注センター
概要 全国のお得意様から毎日送られてくる膨大な受注票をFAX受信し、社内基幹システムへ入力。
システムの
特徴
および
導入効果
  1. システム導入前はFAX受信した受注票の保管場所に相当なスペースを必要としていましたが、受注票の電子化により保管スペースの削減が達成できました。
  2. さらに、過去履歴の問合わせ時に掛かる検索時間が短縮できました。
  3. OCRの認識精度は、当初想定していた以上の精度が得られ、オペレータによる入力作業の処理件数がアップし、人員削減にも効果を発揮しました。