OCRソフトウェア開発の「株式会社エヌジェーケー」は、認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をメディアドライブブランドでご提供いたします。



HOME > 商品情報 > ソリューション > ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション
ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション

ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション

「ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション」はOCRを利用し、「ミルシート」書類の一元管理を強力にサポート!業務の効率化と社内管理体制の強化を実現します。


ミルシートとは

鉄鋼メーカーが鋼材の品質を証明する添付書類が「ミルシート」であり、鋼材メーカーは受注先企業に対して、「ミルシート」の提出義務が生じます。建築基準法上、所要の強度計算により、強度を確保することが義務付けられており、部材に添付される「ミルシート」は増加の一途を辿ると想定されています。品質保証を行う「ミルシート」の管理は、鋼材メーカーにとって重要業務のひとつです。

ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション 概要

OCRによる読取を行い、既存の文書・画像管理システム(ファイリングシステム)へのデータエントリーを自動化します。出力データ形式を柔軟に変更できるので各社のファイリングソフトに対応可能です。証明書番号や企業名などをキーに原本画像ファイルの検索・閲覧が可能です。

ミルシート(鋼材検査証明書)OCRソリューション 概要図

サンプル帳票

形式の異なる各社のミルシートもOK!各形式に合わせたテンプレートを作成することで、読取りが可能となります。

製造元・販売商社によってフォームが異なるミルシート
ミルシートサンプル図

認識対象

ミルシート内の需要家名または商社名、注文者名、紹介番号、証明書番号、工事番号、契約番号など検索キーとなる一般事項の認識、員数、質量、化学成分、引張試験値など規格値と製造実績値などを認識します。

ミルシート認識サンプル図

メリット・導入効果

情報照会の迅速化
OCRシステムにより、読取りされたミルシート画像に当該ミルシート情報をテキスト化し付与することで、該当ミルシートの検索を容易にし、顧客・注文者からのミルシートの照会に迅速に対応できます。
 
仕分けの自動化による業務の効率化を実現!
様々なフォーマットのミルシートをテンプレート登録することで、混在帳票の自動振り分けが可能です。これにより人的な単純作業をなくし、業務の効率化を実現できます。


導入事例

鉄鋼商社 
概要 OCRシステムの活用により、ミルシート内の文字認識とファイリングを実施。文書・画像管理システムと連携し、納品時のミルシート添付や納品後の確認などの業務の円滑化を図っています。
導入
効果
ミルシートのデータエントリー要員コストの削減、ミルシート原本の電子化(ファイリング)により、セキュリティの向上と保管コストの削減を実現しています。
システム
特徴
  1. 各社ミルシートへの対応(複数テンプレートの作成)
  2. 柔軟な出力形式によるシステム連携の容易性
  3. キーパンチャーなど専門スタッフが不要。確認/修正画面は視覚・操作性に優れている為、どなたでも利用可能